トップページ >  育毛にいい栄養素の知識 >  ビタミンBの育毛効果

ビタミンBの育毛効果と効果的な食べ物・料理は?

ビタミンBの育毛効果


薄毛対策にビタミンB群がよいといわれていますが、 どれでもよいというわけではありません。 ビタミンB群の中でも育毛効果が期待できるのは「ビタミンB2」「ビタミンB6」です。

これらは、髪の生成を促進したり、助ける作用があります。 毛母細胞の成長や生成を促進し、タンパク質が髪になろうとする働きを助けてくれるのです。 髪は毛根の毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長しますので、 直接、細胞に作用するこれらのビタミンは薄毛の改善に大変有効です。

さらに頭皮から分泌される皮脂の量を調整する作用もあることがわかっています。 頭皮の皮脂は過剰でも不足していても頭皮トラブルの原因となります。 皮脂によって頭皮が炎症を起こしたり、雑菌が繁殖したり、 頭皮を不健康に陥れる可能性が高く、それが薄毛を招くことになるのです。

ビタミンB2が豊富な食品としては、レバー、卵、乳製品、大豆など、 またB6が豊富な食品は肉、鮭、まぐろ、ナッツなどです。 過剰摂取による注意はとくに必要ありませんが、できるだけ他のビタミン1~12をバランスよく 摂取することが望ましいですね。

ビタミンBを含む食べ物・料理


ビタミンBとひと口にいってもB1~12まであり、それぞれ効果や作用が違います。 その中でも薄毛に有効なのはB2とB6です。

ビタミンB2は、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあり、 皮脂を調整して、頭皮の脂漏性などを予防してくれます。 また、代謝を高めてくれるので、血行を促進して 頭皮にたくさんの栄養を運ぶことができます。

ビタミンB2が多く含まれる食品は、野菜や穀類、動物性食品などです。 豚や牛のレバーやドジョウやうなぎ、鶏卵やキャビアなどに豊富に含まれています。 特にレバーはおすすめです。

ビタミンB6は、代謝を促進して血行を改善してくれる作用があり、 多く含まれている食品は牛肉や豚肉、鶏のレバー、 まぐろなどの赤身の魚、ピーナッツやヒマワリの種などの種実類などです。 植物性、動物性を問わず、比較的いろいろな食品から摂取できるところがいいですね。

料理法としては、両方を一度に摂れるレバにら炒めや ウナギ丼、鶏肉のカシューナッツ炒めなど。 また、錦糸卵をたっぷりのせて、ウナギの蒲焼きをトッピングしたちらし寿司も 一度にたくさん摂取できるのでおすすめです。

料理がめんどくさい、手軽に摂取したい方は、育毛サプリがオススメです。 ビタミンBは、育毛サプリによく含まれています。 当サイトでは、育毛サプリ効能成分と全部チェックして評価しているのでチェックしてみてください。


育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識