トップページ >  育毛にいい栄養素の知識 >  ミネラルの育毛効果

ミネラルの育毛効果と効果的な食べ物・料理は?

ミネラルが髪にいいわけ


私たちが毎日食べている食事は、髪の毛の健康を保つためにも大切なものです。 食事というのは、単に空腹を満たすためだけにあるのではなくて、体を動かすエネルギー、体を作るエネルギー、体を調整するエネルギーなどを摂取することにあるのです。 それらの働きをするのが栄養素(成分)であって、成分はいくつもあって、それらはそれぞれの働きを持っているのです。

こうした成分は、大別できます。よく知られたところでは三大栄養素です。そしてこの3大栄養素に加えて、ビタミンとミネラルがあります。 これら5つを5大栄養素などと呼びます。

ミネラルとビタミンは、単一の栄養成分ではなくて、いくつかの栄養素の総称です。 ビタミンとミネラルも髪の毛には良い働きをする栄養成分です。例えば、ビタミンEには血行をよくする働きがあります。 毛髪は血行不良によって起こっているケースもあります。これは頭皮のマッサージでも効果を示すものですが、ほぼ同様の働きをするのがビタミンEです。

血行不良は、髪の毛の栄養不足につながりますから、普段の食生活に気をつけてビタミンEを含めて、ビタミンとミネラルを過不足なく摂取できるように心がけましょう。

ミネラルの育毛効果


昔から髪には昆布やワカメなどの海藻がよいと言われていますが、 これらはミネラルという成分が豊富な食品です。 ミネラルというのは、骨格や体組織、体調維持などに欠かせない成分であり、 薄毛や育毛にも大きく関わっています。 ただし、ミネラルは体内で作ることはできないので食物から摂取しなければなりません。

あまり知られていませんが、「ミネラル」という名前の成分があるのではなく、 ヨウ素や亜鉛、鉄などを総称してミネラルと呼んでいるのです。 ですからミネラルが豊富といってもミネラルの中のどの成分なのかは 食品によって違ってきます。

「ヨウ素」は海藻や納豆などのネバネバした食品に多く含まれており、 甲状腺を活発にして代謝を上げて髪にツヤを与えます。 「亜鉛」は牡蠣や豚レバーなと゜に多く含まれており、 代謝を活発にして抜け毛を予防します。 そして「鉄」はレバーやひじき、青のりなどに多く含まれており、 血行を促進して頭皮に栄養を届けてくれます。

特に亜鉛には薄毛の原因だといわれる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を作り出す 「5αリダクターゼ」という酵素の働きを抑制してくれる効果があるので 男性の薄毛予防にも効果的です。

ミネラルを含む食べ物・料理は?



ミネラルとは、直接エネルギーになる栄養素ではないものの、 骨や細胞、ホルモンなどと深いかかわりを持ち、それぞれの機能が正常に働くようにする、 いわば、調整役のような役割を持つ大切なものです。 「ミネラル」という栄養素があるのではなく、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄、銅、 カリウム、ナトリウムなどを総合した呼び方になります。

ミネラルは体内では生成できないものばかりなので、 食事から取り入れなければなりません。 ミネラルを多く含む食品としては、ひじき、納豆、するめ、アーモンド、 牡蠣、インゲン豆などです。

ミネラルの中でも現代人に最も不足しているといわれているのがカルシウムであり、 乳製品や小魚、大豆製品などに豊富に含まれています。 クエン酸と一緒に摂取すると吸収がよくなるので、 リンゴを入れたヨーグルトなどがおすすめです。

また、亜鉛は牡蠣や豚レバーなどに多く含まれているので、 牡蠣鍋やカキフライなどもいいですし、レバにら炒めなどもおすすめです。

ただし、ナトリウムだけは摂りすぎると バランスを崩して高血圧や動脈硬化を招きやすくなるので要注意です。 つまり、塩分の摂取量を考えた食生活が望ましいですね。

料理がめんどくさい、手軽に摂取したい方は、育毛サプリがオススメです。 ミネラルは、育毛サプリに含まれている中心的な重要成分です。 当サイトでは、育毛サプリ効能成分と全部チェックして評価しているのでチェックしてみてください。


育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識