トップページ >  育毛にいい栄養素の知識 >  薄毛・脱毛になりやすい食べ物

薄毛・脱毛になりやすい食べ物・栄養素は?


薄毛によい食品や栄養素はたくさんありますが、 反対に薄毛や脱毛を招いてしまう食品もあります。

まず、添加物です。 レトルト食品や冷凍食品、インスタント食品のほか、 コンビニ弁当なども食品添加物がたっぷり配合されているほか、 製造過程で高熱処理などを行っているため、ほとんどの栄養素が失われているのです。 また、これら加工食品は、毛髪の育毛に大切なミネラルを体外に排出するだけではなく、 ミネラルの吸収を妨げてしまいます。

そして、動物性たんぱく質の摂りすぎも内臓脂肪を増やしたり、血管の劣化を招き、 血液が流れにくい血行不良を起こすので頭皮環境を悪化させてしまいます。 血行不良は頭皮にとって育毛や発毛を妨げる大きな理由となりますね。

さらにハンバーガーなどのファーストフードも栄養バランスが非常に悪く、 酸化した油を使っていることが多いことから、頭皮の皮脂の過剰分泌の原因となってしまうのです。

また、薄毛や抜け毛によい栄養素でありながら、摂取しすぎることで逆に薄毛を招くものとして 「ビタミンA」があります。 過剰摂取することで頭皮が硬くなり、栄養がしっかりと届かなくなるので 摂りすぎには注意が必要です。






育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識