トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  ノコギリヤシが効く人・効かない人

ノコギリヤシは育毛効果なし?効かない人の特徴まとめ

60歳以上の高齢者(老人性脱毛症)

ノコギリヤシの効果は、AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで、頭部の脱毛を抑えることです。

つまり、ノコギリヤシそのものに育毛効果はないのです。そして、これはAGA以外の脱毛症については、効果がないということでもあります。

老人性脱毛症は60歳以上に起きるもので、頭皮の老化によって毛根がダメになることで、薄毛になってしまうというものです。

この場合の薄毛はDHTが原因で起きるものではありませんので、ノコギリヤシによってDHTの生成を抑えても効果がないということになるのです。

AGAと老人性脱毛症の違いは、AGAが額の生え際かつむじ周辺から薄くなっていくのに対し、老人性脱毛症は頭髪全体が薄くなっていくことです。

こうした髪の減り方の違いによって、ノコギリヤシの効果があるかとうかを判断することができるというわけです。

10円玉のようなハゲ(円形脱毛症)

頭髪に小さな円形のハゲができるもので、重症化すると頭部全体に広がっていってしまいます。免疫細胞が正常な細胞を攻撃することで発症してしまう「自己免疫疾患」の一種です。

原因については詳しいことは分かっていませんが、アレルギー疾患やストレスが発症のカギを握っているとされています。

こちらもDHTが原因で起きるものではありませんので、ノコギリヤシの摂取によってDHTの生成を抑制しても、症状を軽減することは不可能です。

円形脱毛症はAGAとは違った意味で特徴的なハゲ方をしますので、こちらもノコギリヤシの効果の有無を判断するのは難しくないでしょう。

結わえる髪形をしている(牽引性脱毛症)

例えばポニーテールのように結わえるような髪形をしている場合、常に毛根が引っ張られているような状態になってしまいます。これによって頭部がかゆくなったり、痛くなったりという経験をした人は結構いるのではないでしょうか。

それでも髪形を変えないでいると、頭皮にダメージが蓄積してしまい、薄毛になってしまうのです。これを牽引性脱毛症といいます。毛髪が長く、頭皮にダメージを与える髪形をしやすいため、女性に多いとされています。

こちらも原因にDHTが関係していませんので、ノコギリヤシの摂取は効果がありません. 早急に髪形を変えることでしか薄毛・抜け毛を緩和することができないのです。

赤ちゃんを産んだ直後(分娩後脱毛症)

妊娠中は女性ホルモンが盛んに分泌されているため、産後は体を整えるため、一時的に女性ホルモンの分泌量が減少します。

問題は女性ホルモンに毛髪の成長を促す働きがあるため、分泌量の減少によって薄毛・抜け毛の原因になってしまうのです。これが分娩後脱毛症です。

こちらも抜け毛にDHTがからんでいませんので、基本的にノコギリヤシの効果はないと考えていいでしょう。大豆イソフラボンなど、女性ホルモンの働きを助ける栄養素を摂取する方がいいのです。

フケが多い(粃糠性脱毛症)

パーマや染色などによる頭皮への刺激、過度の洗髪による頭皮の乾燥などが原因で、フケが必要以上に増えてしまうことがあります。

このフケが毛穴を塞いでしまい、炎症を起こすことによって薄毛になってしまうことがあります。これを粃糠性脱毛症といいます。

これもDHTが脱毛の原因ではありませんので、ノコギリヤシを摂取しても意味がありません。適切な頭皮ケアを行い、頭皮環境を整えてフケを減らすことが先決です。

頭皮がべたついている(脂漏性脱毛症)

頭皮は体の中でも皮脂の分泌が多い部分なので、脂っこいものを食べ過ぎるとあっという間に皮脂の分泌過剰になってしまいます。

皮脂そのものの分泌量が正常でも、洗髪が不十分で頭皮に皮脂がたまっていても分泌過剰と似たようなことになるでしょう。

これによって毛穴に皮脂がつまり、炎症を起こして薄毛になってしまうのが脂漏性脱毛症です。こちらもDHTとは無関係な脱毛症なので、ノコギリヤシの効果は期待できないでしょう。

薄毛・抜け毛の原因はAGAだけではありません。髪の減り方や頭皮の状態から薄毛の原因を見極めて、適切に対処するようにしましょう。

ノコギリヤシが効かない人にもいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識