トップページ >  育毛にいい栄養素の知識 >  育毛効果・脱毛予防効果のある食材

育毛効果のある食べ物・薄毛になりやすい食べ物まとめ

ナッツ類を食べて育毛促進

育毛効果を高めるためには髪の毛の生成に必要な亜鉛を効率よく摂取する必要があります。しかし通常の食事ではなかなか亜鉛を補給することが難しいと言えます。

ナッツ類であれば少量でも効果的に亜鉛を摂取することが可能で、毎日少しずつでも食べることにより髪の毛を健康な状態に保ちながら育毛を促すことが可能になります。

とくにピーナッツには亜鉛を補給するだけでなく毛母細胞を活性化する効果もありますので率先して摂取したいナッツですし、アーモンドには抗酸化作用が有るので頭皮の状態を老化から守ることも可能になります。

大豆を摂取してハゲを予防

髪の毛を育毛するためには健康な毛を生成することが必要不可欠となります。そのためにはタンパク質の摂取が必ず必要で、大豆を食べることにより良質なたんぱく質を効果的に摂取できます。

大豆の場合植物性たんぱく質なので低カロリー高タンパクというメリットがあり、肉などから摂取する動物性たんぱく質に比べてヘルシーという特徴もあります。

特に頭皮の皮脂の分泌などが気になる場合やコレステロールが気になる人は大豆を食べることで皮脂の分泌を抑えながらタンパク質を補給できますし、コレステロールの心配もなく髪を育毛することが出来ます。

大豆には大豆イソフラボンも含まれているため、女性ホルモンの働きを助け抜け毛の原因となる男性ホルモンとのバランスを保つ効果も期待できます。

唐辛子で血行促進

抜け毛を防ぎハゲを予防する場合、頭皮の血行を改善することがとても重要になります。

その際に役に立つのが唐辛子に含まれるカプサイシンの働きで、カプサイシンを摂取することで血流を大幅に改善し頭皮にも血液を送り込むことが可能になります。

頭皮の血流が滞ると髪に栄養を送ることが出来なくなりそれが原因で抜け毛が増えることにもなりますし、頭皮の血流が悪くなると頭皮の状態も悪くなりさらに抜け毛が増えハゲてしまう可能性が高くなります。

その為血流改善効果の高いカプサイシンが含まれる唐辛子を継続的に摂取すれば健康な髪の毛を維持できますし、大豆と一緒に接種すれば成長因子であるIGF-1が増加するため、発毛効果を高めることも出来ます。

海藻でミネラル補給し育毛を

昔から海藻は髪の毛に良いと言われていますが、これは実際に効果があることが分かっています。海藻に含まれている多くのミネラルが髪の毛を健康な状態に保ってくれるためです。

海藻には亜鉛やカリウム、ナトリウムと言った体に必要な栄養素が非常に多く含まれていますし、そのミネラルの働きにより男性ホルモンの分泌を抑制し抜け毛を予防する効果もあります。

毎日の食事に海藻を取りれるだけでハゲの予防効果を高めることが出来るでしょう。

青魚で育毛効果を促進

魚の中でも青魚を食べることはハゲの予防にとても効果的な方法です。

青魚にはEPAと呼ばれる成分がとても多く含まれており、このEPAは血液をサラサラにして流れやすくする効果があるため頭皮の血流改善にも役立ちます。

さらに青魚にはビタミンB6が含まれているため亜鉛と結びつくことで髪の毛を生成することが出来ますし、タンパク質も含まれているので髪の毛を作るための材料の補給も出来ます。

青魚だけでも3つの必須栄養素を摂取できますので、抜け毛予防には欠かせない食材となります。

レバーやほうれん草を食べてハゲに打ち勝つ

レバーやほうれん草には髪の毛に必要な亜鉛が豊富に含まれていますし、どちらにもビタミン類が多いと言う特徴があります。

レバーにはビタミンB群が多いため髪の毛の再生に効果が高く、ほうれん草にはベータカロチンが含まれているため、抜け毛を防止し髪の毛を維持する効果が高いと言う特徴があります。

その為レバーやほうれん草をバランスよく食事に取り入れることで抜け毛を防止しながら髪の毛の生成もサポートすることが出来ます。

レバーに関しては最も多くの栄養素が含まれているのが豚で、次いで牛、鶏となりますので豚のレバーを率先して摂取すると効果的です。

はげの予防にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。



薄毛・脱毛になりやすい食べ物・栄養素は?-


薄毛によい食品や栄養素はたくさんありますが、 反対に薄毛や脱毛を招いてしまう食品もあります。

まず、添加物です。 レトルト食品や冷凍食品、インスタント食品のほか、 コンビニ弁当なども食品添加物がたっぷり配合されているほか、 製造過程で高熱処理などを行っているため、ほとんどの栄養素が失われているのです。 また、これら加工食品は、毛髪の育毛に大切なミネラルを体外に排出するだけではなく、 ミネラルの吸収を妨げてしまいます。

そして、動物性たんぱく質の摂りすぎも内臓脂肪を増やしたり、血管の劣化を招き、 血液が流れにくい血行不良を起こすので頭皮環境を悪化させてしまいます。 血行不良は頭皮にとって育毛や発毛を妨げる大きな理由となりますね。

さらにハンバーガーなどのファーストフードも栄養バランスが非常に悪く、 酸化した油を使っていることが多いことから、頭皮の皮脂の過剰分泌の原因となってしまうのです。

また、薄毛や抜け毛によい栄養素でありながら、摂取しすぎることで逆に薄毛を招くものとして 「ビタミンA」があります。 過剰摂取することで頭皮が硬くなり、栄養がしっかりと届かなくなるので 摂りすぎには注意が必要です。

食事で育毛成分を全て摂取するのは難しい


薄毛や抜け毛の原因というのはいくつかあります。その1つに栄養不足があります。 毎日の食事は体に働きがある栄養成分を摂取するところでも重要な役目があります。

それは髪の毛は体の一部であって、髪の毛の健康を維持するためには体と同じように、食事によって栄養を送り届ける必要があります。 これは普通に食事をしていれば摂取した栄養分は血液によって頭皮へ、さらに髪の毛に送り届けられます。髪の毛の健康を保つために特別なことではなくて、 ある程度普通に食生活を送っていればその栄養というのは摂取できるものです。ただ、昨今の食事というのは洋食が多くなったり、 不規則な食事であったり、なかなか髪の毛の健康維持をの働きがある成分を摂取するのも難しいところです。

さらに、独身の男性で、料理をしない男性というのは栄養のバランスのよい食生活を送るのは難しいものです。 こうした理由で、やはり育毛成分や髪の毛の健康維持に効果的な栄養を摂取するのは難しいと言えます。 そうした場合にはやはり、髪の毛に効果的な成分が凝縮されているサプリメントによって不足しがちな成分を補給するという方法を選択するのもいいでしょう。

育毛サプリは育毛に効果あり

育毛をするのに育毛剤は知られたところです。育毛剤のほかには育毛シャンプーも使っている方は多いだろうと思います。

さらに人気があるのはサプリメントです。サプリメントとは言っても髪の毛に良い働きをするそれぞれの栄養成分の補給をするためのサプリメントではなくて、 育毛にダイレクトに働きかけるサプリメントです。つまりは育毛サプリです。こうしたサプリメントは髪の毛に良い成分の凝縮物です。

例えば、ブラックサプリというものがあります。この育毛サプリには、牡蠣・シジミのエキス、根昆布成分、アミノ酸、クロム・セレン・亜鉛などの成分が含まれています。 これらは単に見ただけでも髪の毛に良い成分とわかります。亜鉛・海藻類・貝類というところです。

育毛サプリメントというのは、効果があるものです。信じられないあなたは一度インターネットで調べてみましょう。 あるいは、あなた自身が試してみましょう。ただ、こうしたサプリも他のサプリと同様、医薬品ではありませんから効果は発揮されるまでにはある程度の期間が必要になります。

当サイトでは、髪や頭皮にいい栄養成分の効能を整理して、育毛効果のある食べ物と同等の効果のある育毛サプリをまとめています。

頭皮の皮脂対策にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識