トップページ >  育毛にいい栄養素の知識 >  男性ホルモンを抑える食材

[抜け毛]男性ホルモンを抑制する食べ物・育毛サプリ

男性ホルモンと抜け毛の関係

抜け毛や薄毛の原因にはいくつかあります。髪の毛の栄養不足や喫煙、老化などです。 そうした原因のうちに、病気があります。その病気はAGAと呼ばれているもので、男性型脱毛症と呼ばれているものです。

これは病気であって、この病気を治すためには医薬品が必要になります。きっと薄毛や抜け毛に悩む人は聞いたことがあると思うのですが、 プロペシアやフィンペシアと呼ばれているものです。これらは病院などでも処方されますが、海外で個人的に輸入して購入して使用することもできるものです。 このAGAですが、AGAは男性ホルモンの作用によって起こるものなのです。

男性ホルモンが<5-αリダクターゼ >と呼ばれる酵素によって<ジヒドロテストステロン(DHT)>という成分に変換されることで薄毛の発端である抜け毛になるのです。 パッとしたイメージですと、男性ホルモンが多い方が男らしくて抜け毛とは無縁のように思えます。

しかし、それはそうではないのです。男性ホルモンは多くて活発だと髪の毛がふさふさだとは言い切れないのです。こうした髪の毛についての知識も多く知っていたいところです。

DHTホルモンと薄毛の関係

男性ホルモンが薄毛や抜け毛に関係しているというのは、育毛を考え始めて少し調べてみると分かります。

実際、育毛を調べてどういった仕組みなのか?というところを調べる前にはそのイメージとしては男性ホルモンの一種が薄毛の原因になっていません。 このあたりがややこしいところかもしれません。このDHTという男性ホルモンは普段の規則正しい生活では狂うことがあまりないようですが、 生活が乱れてくるとそのバランスが崩れてくるのです。そのバランスが崩れることによって、薄毛や抜け毛になるのです。

特に生活が安定していない人や規則正しい生活をしていない人は気をつけたほうがいいです。 仕事などでどうしても規則正しい生活やきちんとした生活が送れない場合には、 やはり薄毛や抜け毛の原因であるDHT男性ホルモンの生成を抑制する働きをするサプリメントなどを服用するのがいいです。

これで必ずしも薄毛や抜け毛がすぐに解消できるというものでもありませんが、 やはり育毛は育毛剤のしようも含めて長期にわたる努力が必要になります。

脱毛ホルモン(DHT)の抑制成分

男性ホルモンは、抜け毛や薄毛の原因であるDHTホルモンを生成します。DHTホルモンというのは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素により変換されてできたもので、これが毛乳頭細胞に悪影響を及ぼすことで抜け毛になります。

男性ホルモンは女性の体内にも存在するので、女性にもこの理屈は当てはまります。そこでDHTホルモン抑制する成分が、育毛の役に立ちます。 ノコギリヤシ、パルテノライドは最近よく話題に上がりますが、DHTホルモンの生成が抑制される成分が脱毛予防にいいとされています。



DHTの発生を抑える成分 (男性ホルモンのバランスを整える)

イソフラボン、カプサイシン、ノコギリヤシ、パルテノライド(フィーバーフュー、ナツシロギク)、バナナ果皮エキス(シクロユーカレノン)、亜鉛、緑茶など



男性ホルモンを抑制する食べ物・育毛サプリ

価格と効果のコスパが特に良いと思われる「男性ホルモンを抑制する食べ物・育毛サプリ」をまとめました。自分が気軽に継続できそうなものを選ぶとよいでしょう。

「大豆イソフラボン」で男性ホルモン抑制を

男性ホルモンを抑えることは抜け毛を防止するために大きな影響を与えます。

男性ホルモンの増加は男らしい身体を作るためには重要なものですが、多すぎる場合には5αリアクターゼとの結びつきを増やすことになり抜け毛や薄毛の原因となります。

それを防止するためには男性ホルモンの分泌を抑える必要があり、それに効果があるのが大豆に含まれる大豆イソフラボンという成分です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてくれますので体の中の男性ホルモンを抑制し女性ホルモンを増やすことが可能となります。

男性ホルモンが減れば5αリアクターゼとの結びつきも弱まりますので抜け毛や薄毛になることを防止することが出来ます。

その為大豆を使用した食品である豆腐などを食べると男性ホルモンを抑制できます。

「亜鉛」を含む食材で抜け毛防止

亜鉛と言う成分は髪の毛を生成するためだけではなく、男性ホルモンを抑制する効果も高い成分です。

亜鉛にはテストステロンという男性ホルモンを増やすと言う効果がありますが、一方で悪玉男性ホルモンとなるジヒドロテストステロンの生成を阻害し活動を抑制するという効果もあります。

問題となるのはテストステロンではなく、5αリアクターゼとテストステロンが結びつくことで生まれるジヒドロテストステロンですので、その結びつきを阻害し悪玉男性ホルモンを減らすことが出来る亜鉛は非常に優れていることが分かります。

亜鉛を含む食べ物としては牡蠣や牛肉、チーズなどにも多く含まれていますので、積極的に食べると良いでしょう。

「緑茶」を飲んで男性ホルモンを抑える

日本人がごく当たり前のように飲む緑茶ですが、この緑茶に含まれる緑茶カテキンには優れた男性ホルモン抑制効果があります。

カテキンを含む緑茶を継続して飲用することで体内の男性ホルモンの分泌を抑え抜け毛の防止につながりますし、同じく緑茶に含まれるカフェインにも悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを体外へ排出し抑制する効果があります。

その為食事と緑茶を組み合わせることで男性ホルモン抑制効果をさらに高めることが出来ます。

「低GI食品」で男性ホルモンの分泌

食事をすると必ずインスリンが体内で分泌されますが、このインスリンの分泌が増えすぎると男性ホルモンの分泌量も飛躍的に多くなります。

インスリンと男性ホルモンには密接な関係があるためで、インスリンの分泌を減らすことがそのまま男性ホルモンの分泌を減らすことにも繋がります。

それに効果が高いのが低GI食品と呼ばれる食品で、ほとんどの野菜や豆類がそれにあたります。

低GIとは血糖値の上昇が低いということになるので、急激な血糖値の上昇をすることが無い食品は男性ホルモンを抑制することが出来る優れた機能を有した食べ物だと言えます。

「ノコギリヤシサプリ」を使用する

男性ホルモンの抑制効果があるサプリメントとしては、ノコギリヤシがあります。

このノコギリヤシの成分には悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する効果があるため、食事以外の方法で男性ホルモンを抑制する場合にはノコギリヤシサプリメントの利用が効果的です。

ノコギリヤシは食べ物としては販売されていませんのでサプリメントを利用するしか摂取する方法が無いので、食事などと組み合わせて服用すればさらに効果を高めることが出来るでしょう。

「イソフラボンサプリ」や「亜鉛サプリ」を併用

男性ホルモン抑制に効果のある大豆イソフラボンや亜鉛ですが、大豆が苦手で食べられないという人や、亜鉛を摂取したいけれど毎食は無理ということも少なくないでしょう。

その場合にはイソフラボンサプリや亜鉛サプリを併用することで男性ホルモンを抑制することが可能になります。

サプリの場合、大豆などを食べるのが苦手でも問題なく摂取できますし、食べる時間が無い時でも摂取可能ですので、上手に併用することで薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制することが出来るでしょう。



当サイトでは、髪や頭皮にいい栄養成分の効能を整理して、効果のある育毛サプリをまとめています。

男性ホルモンを抑制してくれるサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識