トップページ >  育毛にいい栄養素の知識 >  亜鉛の効果と効率的な摂取方法

亜鉛のはげへの効果と効率的な摂取方法まとめ

亜鉛が髪の毛を作る

亜鉛は髪の毛を作り出すために重要な役割を果たす成分で、髪の毛のほとんどを占めるケラチンの生成には亜鉛が必ず必要となります。

そのため亜鉛が不足してくるといくらたんぱく質を摂取したところで髪の毛が正常に育つということは無く、薄毛や抜け毛を助長することになります。

亜鉛を摂取すれば食事で摂取したたんぱく質をケラチンに変換できますので、健康な髪の毛を作り出すことが出来薄毛防止の効果も期待できます。

亜鉛が5αリアクターゼを抑制

亜鉛はたんぱく質と結びついてケラチンを生成するだけではなく、薄毛の原因となる5αリアクターゼという酵素と男性ホルモンのテストステロンの結びつきを弱めることが出来ます。

5αリアクターゼがテストステロンと結びつくことで生まれるジヒドロテストステロンという男性ホルモンが抜け毛や薄毛を引き起こすため、そうなる前の段階で結びつきを阻害できれば、抜け毛を事前に防止することができます。

そのため亜鉛を摂取することが非常に重要になります。

亜鉛でホルモンバランスを整える

体のホルモンバランスの崩れは抜け毛を引き起こし易い状態を作り出してしまいます。

そのため体内の男性ホルモンと女性ホルモンのバランスはとても重要であり、男性ホルモン優位にならないようにバランスを維持することが必要です。

亜鉛はホルモンバランスを整えてくれる効果もあり、体内のホルモンバランスが正常な状態に維持できれば抜け毛が増えて薄毛になることも防止することが出来ます。

そのため必要な量の亜鉛を効率よく摂取することが抜け毛防止となります。

バランスの良い食事で亜鉛補給

亜鉛は体内では生成することの出来ない栄養素ですので、必ず外部からの摂取で体内に取り込む必要があります。

亜鉛を効率よく摂取するためには毎日の食事のバランスを考えて亜鉛が多く含まれる食材を必ずメニューに取り入れることが重要で、偏った食生活では必ず亜鉛不足に陥り抜け毛が増えることになります。

亜鉛を多く含む食材には牡蠣や牛肉、チーズや煮干、豚のレバーやごまといったものに多く含まれています。

お酒を飲む際のつまみであるするめやビーフジャーキーにも多くの亜鉛が含まれていますので、お酒を飲む人はおつまみのチョイスを考えてみるのもよいでしょう。

サプリメントを上手に活用

食事から亜鉛を摂取するのが最も良い方法で、亜鉛以外の栄養素も一緒に摂取できるのですが、なかなか毎日の食事メニューを考えるのも難しいですし、一人暮らしの場合は作るのも面倒という人も少なくないでしょう。

その場合にはサプリメントを上手に利用することで1日に必要な亜鉛を効率よく摂取できます。

亜鉛のサプリメントであればいつでもどこでも摂取可能ですし、食事のメニューに亜鉛が少ない場合でもそれを補うことが出来ます。持ち歩くことも可能ですのでサプリメントの使い方が非常に重要なポイントとなります。

亜鉛のサプリメントは薬局などでも簡単に購入できますので、上手に取り入れて亜鉛不足を解消しましょう。

亜鉛の摂りすぎにも注意を

亜鉛は髪の毛を精製する助けをしたり、抜け毛の原因となる男性ホルモンの抑制などの効果が期待できます。

しかし1日に必要な亜鉛の量は30mgですので、それ以上の過剰摂取は体に害を与えることにもなりかねません。

亜鉛の取りすぎは亜鉛中毒を引き起こし、酷い場合は嘔吐やめまいといった症状が出ます。

そうならないためには食事での摂取とサプリメントでの摂取量をきちんと計算することや、サプリメントであれば1日の摂取量を守り用法をきちんと確かめて正しく使用することが重要です。

抜け毛に効果がある成分でも、摂り過ぎは逆効果になることもありますので、摂取量には注意が必要です。

亜鉛を効率よく摂取できるサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識