トップページ >  育毛にいい栄養素の知識 >  コラーゲンの良い効果

コラーゲンの育毛・薄毛効果まとめ

コラーゲンそのものが毛髪を育てる

毛髪はほとんどがタンパク質からなっており、タンパク質を摂取することは毛髪の成長につながります。逆に言えばタンパク質が不足していれば毛髪の成長が阻害され、薄毛の原因になってしまうのです。

コラーゲンはタンパク質の一種なので、毛髪を成長させるための栄養分になってくれます。

実際、コラーゲンを摂取することにより、AGA(男性型脱毛症)や加齢などが原因で細くなっていた毛髪が太くなったという臨床例が学会に報告されています。

これはコラーゲンが毛髪を育てるための栄養素になっていることの証明といっていいでしょう。

また、コラーゲンには毛根付近にある毛母細胞を活性化させる働きがあることも分かっています。これによって細胞分裂を促進させ、毛髪の成長を助けてくれるのです。

皮膚の保湿力を高める

エアコンや紫外線のダメージなどによって皮膚が乾燥してカサカサになってしまうと、大量のフケが出るようになります。

このフケが毛穴などに詰まって炎症を起こし、薄毛になってしまうことがあります。これを粃糠性脱毛症といいます。

また、頭皮の乾燥は皮脂の過剰分泌を招く原因にもなります。頭皮を乾燥から守るために被膜となる皮脂の分泌が増え、この皮脂が毛穴に詰まることも薄毛の原因になってしまいます。これを脂漏性脱毛症といいます。

コラーゲンにはこの頭皮の乾燥を防いでくれる働きがあるのです。乾燥を防ぐことによって粃糠性脱毛症や脂漏性脱毛症を防ぎ、健康な毛髪を育ててくれるというわけです。

アンチエイジング

コラーゲンは皮膚の重要な成分ですので、積極的に摂取することで皮膚を健康な状態に保ち、老化を防いでくれるアンチエイジング効果があります。

60歳を超えると体のあちこちに老化の影響が出てきますが、それは頭皮も例外ではありません。頭皮の老化が進んでくると、毛根の衰えも顕著になってきます。

これによって健康な毛髪が生えてこなくなり、頭髪全体が薄くなってくるのです。これを老人性脱毛症といいます。

コラーゲンのアンチエイジング効果は、この老人性脱毛症を防止してくれるのです。毛根が死滅していなければアンチエイジング効果によって毛髪が太くなり、薄毛を緩和してくれるというわけです。

頭皮の血流を悪化させない

頭皮には毛細血管がたくさんあり、これによって毛根に栄養が送られています。

もし血管の老化や動脈硬化などによって血流が悪化すると、毛根に十分な栄養が行き渡らなくなり、毛髪の成長が阻害されて薄毛の原因になってしまいます。

コラーゲンには血管の弾力性を保持し、血流悪化を招かないようにする働きがあります。

コラーゲンの働きによって血流が良い状態に保たれれば、毛根に十分な栄養が行き渡ります。これによって毛髪の成長が促進され、育毛効果が発揮されるというわけです。

アレルギーの改善

薄毛を招く原因のひとつに、円形脱毛症があります。自己免疫疾患のため詳細な原因は分かっていないのですが、アレルギーが発症の引き金になるということは分かっています。

コラーゲンには、免疫機能を改善し、アレルギー体質を改善してくれる働きもあるのです。これによって円形脱毛症の症状を抑え、薄毛を改善してくれるというわけです。

ただ、人によってはコラーゲンそのものがアレルゲンになってしまうケースもありえます。こればかりは摂取してみないと分からないので、摂取したうえでアレルギー症状が出ていないかどうかを確認しておきましょう。

熟睡を助けてくれる

毛髪の伸びには成長ホルモンが関係しています。この成長ホルモンが活発に分泌されるのは午後10時から午前2時までで、このときに熟睡していることでホルモンの効果が高まることが分かっています。

コラーゲンの摂取によって、熟睡が促進されることも分かっています。これはコラーゲンに「グリシン」という安眠効果をもたらすアミノ酸が含まれているためです。

熟睡することによって成長ホルモンの効果が高まり、毛髪がしっかりと成長し、育毛効果が発揮されるというわけです。

コラーゲン配合のサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識