トップページ >  育毛にいい栄養素の知識 >  イソフラボンの育毛・薄毛効果

イソフラボンの育毛・薄毛効果まとめ

女性ホルモンの働きを助ける

女性ホルモンには毛髪の成長を促す働きがあります。これはAGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)が毛髪の脱毛を促しているのとは真逆の働きだといっていいでしょう。

つまり、女性ホルモンの働きが強ければDHTの働きを抑制することができるのです。

意外と知らない人も多いかもしれませんが、男性の体内でも女性ホルモンは分泌されています。大豆製品に含まれているイソフラボンは、この女性ホルモンの働きを助けてくれる効果があります。

これによってDHTによる頭髪の抜け毛を抑制することができ、AGAの進行を抑えることができるというわけです。

動脈硬化を防止する

イソフラボンには体内のコレステロール値を下げる働きがあります。これによる効果のひとつに、動脈硬化の防止が挙げられます。

動脈硬化の防止と育毛には一見、何の関係もないように思えるかもしれませんが、動脈硬化がもたらす血流の悪化は薄毛の原因になるのです。

毛髪が成長するためには、毛根に十分な栄養が与えられる必要があります。AGA治療においてはミノキシジルがその役割を担っており、毛細血管の拡張による血流良化によって育毛効果を発揮しているのです。

イソフラボンによって動脈硬化を防ぐということは、頭皮の血流悪化を防ぐということでもあり、これによって薄毛になるのを防止しているというわけです。

頭皮の皮脂分泌量を抑える

ミノキシジルの副作用のひとつに頭皮のかぶれや湿疹がありますが、これは血流の良化に伴って皮脂の分泌量が増えてしまうのが原因です。

つまり、過剰な皮脂分泌は頭皮環境の悪化の原因となり、これによって薄毛が進行してしまうということを意味しています。

上にも書きましたように、イソフラボンには体内のコレステロール値を下げる働きがあり、これによって皮下脂肪の蓄積を防ぐこともできるのです。

皮下脂肪が蓄積すると頭皮の皮脂分泌量が増加し、頭皮環境の悪化につながります。つまり、イソフラボンによって皮下脂肪の蓄積を防止することで、頭皮環境の悪化を防ぐことができるというわけです。

ストレスを抑制する

ストレスを感じると副腎からコルチゾールというホルモンが分泌され、これによって自律神経のうち交感神経の働きが活発になります。

交感神経の働きのひとつに、末梢血管を収縮させるというものがあります。

過剰なストレスを受けている状態だと末梢血管が収縮しっぱなしになり、頭皮の血流が悪化して薄毛が進行してしまうのです。

このコルチゾールの働きを抑えてくれるのがイソフラボンなのです。

コルチゾールの働きを抑えれば、自律神経が必要以上に活性化することはなくなりますので、頭皮の血流が良化し、薄毛を防止できるというわけです。

睡眠不足を解消できる

上にも書きましたように、イソフラボンにはコルチゾールの働きを抑え、交感神経を必要以上に活発化させない働きがあります。

これはもうひとつの自律神経である副交感神経を活性化させるということを意味しており、これによって熟睡できる状態になれるということです。

毛髪の成長を促す要素のひとつに、成長ホルモンがあります。このホルモンの分泌量が増加するのが午後10時~午前2時で、この時間に熟睡していると成長ホルモンの効果がアップするのです。

イソフラボンの働きで熟睡できるということは、毛髪の成長にも期待が持てるということにつながるのです。

活性酸素の働きを抑え皮膚の老化を防ぐ

人間の体内には活性酸素というものがあります。活性酸素は細菌を退治してくれるなど人間の体に欠かせないものですが、増えすぎると細胞を傷つけ、老化を招く原因になってしまいます。

これは頭皮についても同じで、頭皮が老化することによって毛髪の成長力が落ち、薄毛の原因になってしまうのです。イソフラボンにはこの活性酸素の働きを抑える効果もあるのです。

これによって頭皮の老化を抑えることができれば、頭皮を若い状態に保つことができ、薄毛を防止できるというわけです。

イソフラボン配合のサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識