トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  飲む育毛剤の副作用

飲む育毛剤の副作用まとめ

精力低下が起きる

飲む育毛剤として国内で使用が許可されているのはフィナステリド配合のプロペシアやフィンペシアですが、このフィナステリドを摂取することで精力低下が起きやすくなります。

これはフィナステリドには男性ホルモンのテストステロンと5αリアクターゼの結びつきを阻害して抜け毛を防止するため、男性ホルモンに対し何らかの影響を与えてしまい精力低下が引き起こされると言われています。

精力低下が起きると勃起不全などの弊害も起きる可能性があり、抜け毛の防止と引き換えに精力が無くなり性行為が出来なくなるということも考えられますので、それを理解した上で使用する必要があります。

精神的に沈みやすくなる

フィナステリドを服用した場合、精神的に沈みやすくなりうつ病を発症するといったケースも確認されています。

これはフィナステリドの影響で男性ホルモンが減少することが原因で、男性ホルモンには気持ちを高揚させる効果もあるため、減少することにより気持ちの高揚が抑えられることになり、精神的に沈みやすくなると言った副作用が出ることがあります。

この場合、服用を継続すればするほど気持ちの落ち込みが酷くなることもありますので、もし精神的に異常を感じた場合には服用を中止する必要もあります。

うつ病にまで進行してしまうとなかなか改善できなくなるので注意しましょう。

肝機能に異常をきたす

フィナステリドを含んでいるプロペシアを服用した場合、稀に肝機能障害を引き起こすことが確認されています。

これはフィナステリドが肝臓に対して悪影響を与えるためで、特に肝臓が弱っている人や肝機能に問題がある場合は服用しないほうが良いでしょう。

頻繁にお酒を飲む人の場合も肝機能が弱っている可能性が高いため、お酒と飲む育毛剤の併用は控えるべきでしょう。

肝機能に異常をきたすと日常生活にも大きな支障が出ることになりますので、自分の肝臓の状態を知ったうえで服用するようにしましょう。

多毛症の症状が出る

フィナステリド以外の飲む育毛剤として有名なのがミノキシジルタブレットですが、このミノキシジルの影響により多毛症という副作用が起きる場合があります。

これはミノキシジルの効果が頭皮だけではなく体全体に及ぶためで、どうしても体中の毛が濃くなってしまうという副作用が起きてしまいます。

これはミノキシジルを服用する場合には避けて通れない副作用と言えます。

多毛症になった場合、毛が濃くなる以外には特に問題はありませんが、見た目の印象はだいぶ変わってしまうため、多毛症の症状がでることを覚悟して服用する必要があります。

低血圧になる可能性がある

ミノキシジルを服用した場合、血圧が低下して低血圧になりめまいや立ちくらみといった症状が現れることもあります。

これはもともとミノキシジルが高血圧の人の血圧を下げるための治療薬であるためで、もともと血圧が低い人などが服用した場合、必要以上に血圧が下がってしまうためです。

低血圧が酷くなると立ち上がれないといったことも起きますし、正常な日常生活を送れないといった状態も考えられるのでもともと血圧が低い人は特に注意が必要です。

体に痒みや肌荒れが起きる

飲む育毛剤は頭皮だけでなく体への影響も避けることが出来ないため、頭皮に影響して髪の毛が生えるといったメリット以外に、肌に影響を及ぼし肌荒れや痒みを発症することもあります。

その為酷い場合にはニキビが異常に増えてしまうといった副作用もあり、服用を続ける限り肌荒れが解消しないという問題も起きる可能性があります。

もちろん頭皮が痒くなる、湿疹が出るということも考えられますので、その際は使用を中止し様子を見る必要もあります。

副作用の少ないサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識