トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  飲む育毛剤の副作用

飲む育毛剤(フィナステリド・ミノキシジルタブ)の副作用と起きやすい人の特徴

育毛対策として一番有名な飲み薬はミノキシジルタブレットやフィナステリドでしょう。ミノキシジルタブレットやフィナステリドは高い効果を得られる反面、厄介な副作用があるのが特徴です。

フィナステリドは、AGA治療でも用いられ、医薬品名では、フィンペシア、プロペシアとしても有名ですね。

今回はミノキシジルの効果と副作用についてまとめてみました。

飲む育毛剤(フィナステリド・ミノキシジルタブレット)の効果

ミノキシジルタブ・フィナステリドには血行促進作用がある

育毛剤に使用されているミノキシジルですが、効果として最大のものとなるのが血行促進作用があるということです。

一般的に抜け毛が増えて薄毛になる場合、頭皮に血液がうまく送れていないというケースがほとんどで、いわば干からびて養分の少ない畑のような状態になっているわけです。

その状態ではいくら頭皮マッサージなどを行っても発毛や育毛を行うことは難しいですので、如何にして血流を改善させるかがポイントとなります。

ミノキシジルはもともと血圧の降下剤として作られた薬ですので、体内の血液の流れを改善させる効果が高く滞りがちな頭皮への血流も改善してくれる効果があります。

ミノキシジルタブ・フィナステリドの血行促進で栄養を頭皮に運べる

ミノキシジルタブレットを服用することにより血液の流れを正常化させることが出来、それにより頭皮に対して栄養を送り届けることが可能になります

頭皮に栄養が行き渡れば必然的に髪の毛にも栄養を与えることが出来るわけですので、頭皮の状態を髪の毛にとって最適な状態に保つことが可能になります。

頭皮の栄養不足=薄毛となるため、栄養を運べる状態に改善できるミノキシジルタブレットの効果はとても高いものとなります。

ミノキシジルタブ・フィナステリドにより抜け毛が減る

ミノキシジルタブレットにより頭皮環境を改善することが出来れば、抜けやすかった髪の毛も抜け難い状態にすることが出来ます。

頭皮の環境が劣悪な場合、髪の毛の毛根も小さくなり抜けやすい状態になります。しかしミノキシジルの効果により頭皮環境を改善できれば毛根も強く大きくすることが出来るので、簡単には抜けない髪の毛を維持することが可能になります。

薄毛を防止するには発毛も大事ですが、今ある髪の毛を抜けなくすることも重要になるため、抜け毛が減ることは薄毛から脱却するためには必要不可欠なこととなります。

ミノキシジルタブ・フィナステリドにより発毛促進できる

ミノキシジルタブレットを服用した場合、頭皮に直接塗布する育毛剤よりも遥かに高い育毛効果を得ることが出来、発毛促進効果も高めることが出来ます。

これは直接体内にミノキシジルを取り込むことで血液に乗ってその効果を全身に行き渡らせることが出来るためで、栄養を送ることで発毛促進効果も高めることが出来ます。

ミノキシジルの場合浸透率が低いので塗布するよりもタブレットで取り込むほうが圧倒的にその効果を得やすくなります。

ミノキシジルタブレット・フィナステリドは浸透率が良い

ミノキシジルは最強の育毛効果がある薬とも呼ばれていますが、どんなに強い薬でも体に浸透しなければ全く効果を得ることが出来ません。

その点ミノキシジルタブレットの場合は錠剤ですので摂取することで腸壁から取り込まれ確実に頭皮に作用してくれることになります。

体内から取り込むことによりほとんどの成分を無駄なく吸収できるため浸透率も高く、高い発毛・育毛効果と抜け毛防止効果が得られることになります。

飲む育毛剤(フィナステリド・ミノキシジルタブレット)の副作用

ミノキシジルは多毛症になりやすい

フィナステリド以外の飲む育毛剤として有名なのがミノキシジルタブレットですが、このミノキシジルの影響により多毛症という副作用が起きる場合があります。

これはミノキシジルの効果が頭皮だけではなく体全体に及ぶためで、どうしても体中の毛が濃くなってしまうという副作用が起きてしまいます。

これはミノキシジルを服用する場合には避けて通れない副作用と言えます。

多毛症になった場合、毛が濃くなる以外には特に問題はありませんが、見た目の印象はだいぶ変わってしまうため、多毛症の症状がでることを覚悟して服用する必要があります。

ミノキシジルタブレットは飲むことでその成分を直接取り込むことになるため、その効果は体全体に及ぶことになります。

塗布する育毛剤の場合頭皮のみに作用しますがミノキシジルタブレットの場合は全身の毛が濃くなる多毛症の症状を発症しやすい為、頭髪だけでなく腕や足、背中などの毛も濃くなってしまう副作用があります。

これはミノキシジルタブレットを使用し続ける限り逃れられない症状ですし、使用をやめれば多毛症も改善できる代わりに頭髪もまた薄くなるため薄毛が嫌なら多毛症も覚悟しなければいけません

ミノキシジルタブレットで動悸や息切れなどを引き起こす

ミノキシジルタブレットは効果の高い薬ですが、その分副作用も大きくなる傾向にあります。

もともと血圧の降下剤ですので摂取することで動悸や息切れなどの症状を引き起こすことも多く、体のむくみなどの症状も出やすくなります。

そのため心臓に持病を抱えている場合などは使用できないことも多く、健康な人でも体調を崩す恐れがあります。基本的に医薬品ですし強い薬なのでそれなりにリスクがあることは理解しておかなければいけないでしょう。

精力低下が起きる

飲む育毛剤として国内で使用が許可されているのはフィナステリド配合のプロペシアやフィンペシアですが、このフィナステリドを摂取することで精力低下が起きやすくなります。

これはフィナステリドには男性ホルモンのテストステロンと5αリアクターゼの結びつきを阻害して抜け毛を防止するため、男性ホルモンに対し何らかの影響を与えてしまい精力低下が引き起こされると言われています。

精力低下が起きると勃起不全などの弊害も起きる可能性があり、抜け毛の防止と引き換えに精力が無くなり性行為が出来なくなるということも考えられますので、それを理解した上で使用する必要があります。

精神的に沈みやすくなる

フィナステリドを服用した場合、精神的に沈みやすくなりうつ病を発症するといったケースも確認されています。

これはフィナステリドの影響で男性ホルモンが減少することが原因で、男性ホルモンには気持ちを高揚させる効果もあるため、減少することにより気持ちの高揚が抑えられることになり、精神的に沈みやすくなると言った副作用が出ることがあります。

この場合、服用を継続すればするほど気持ちの落ち込みが酷くなることもありますので、もし精神的に異常を感じた場合には服用を中止する必要もあります。

うつ病にまで進行してしまうとなかなか改善できなくなるので注意しましょう。

肝機能に異常をきたす

フィナステリドを含んでいるプロペシアを服用した場合、稀に肝機能障害を引き起こすことが確認されています。

これはフィナステリドが肝臓に対して悪影響を与えるためで、特に肝臓が弱っている人や肝機能に問題がある場合は服用しないほうが良いでしょう。

頻繁にお酒を飲む人の場合も肝機能が弱っている可能性が高いため、お酒と飲む育毛剤の併用は控えるべきでしょう。

肝機能に異常をきたすと日常生活にも大きな支障が出ることになりますので、自分の肝臓の状態を知ったうえで服用するようにしましょう。

低血圧になる可能性がある

ミノキシジルを服用した場合、血圧が低下して低血圧になりめまいや立ちくらみといった症状が現れることもあります。

これはもともとミノキシジルが高血圧の人の血圧を下げるための治療薬であるためで、もともと血圧が低い人などが服用した場合、必要以上に血圧が下がってしまうためです。

低血圧が酷くなると立ち上がれないといったことも起きますし、正常な日常生活を送れないといった状態も考えられるのでもともと血圧が低い人は特に注意が必要です。

体に痒みや肌荒れが起きる

飲む育毛剤は頭皮だけでなく体への影響も避けることが出来ないため、頭皮に影響して髪の毛が生えるといったメリット以外に、肌に影響を及ぼし肌荒れや痒みを発症することもあります。

その為酷い場合にはニキビが異常に増えてしまうといった副作用もあり、服用を続ける限り肌荒れが解消しないという問題も起きる可能性があります。

もちろん頭皮が痒くなる、湿疹が出るということも考えられますので、その際は使用を中止し様子を見る必要もあります。

ミノキシジルを始めとした様々なサプリの効果と副作用を比較した男性用育毛サプリの比較表はこちら



飲む育毛剤(フィナステリド・ミノキシジルタブ)の副作用が起きやすい人の特徴まとめ

日々ストレスを受けている

フィナステリドの副作用が起き易い人は日々の生活でストレスを受け続けている人の場合、その影響が非常に強く出る可能性があります。

これはストレスにより自律神経の乱れや体の免疫力の低下といった状態が起きているためで、それがフィナステリドの薬の影響を強く受けてしまい副作用である体の痒みなどのアレルギー症状を引き起こしやすくしてしまいます。

正常な免疫が働いている状態であれば痒みなどのアレルギー症状が出ることは少ないですので、ストレスを溜めている人は副作用の影響を受けやすいといえるでしょう。

メンタル面が弱い

フィナステリドの副作用には気分の落ち込みやうつといった精神的な面に影響を与える副作用もあります。

この精神的な副作用に関しては基本的にメンタルが弱い人ほどその副作用が出やすいといえます。

フィナステリドの効果により男性ホルモンのテストステロンと5αリアクターゼの結びつきを阻害し抜け毛を抑えるわけですが、この時に男性ホルモンのテストステロンの活動も低下してしまうことがあります。

男性ホルモンには気分の高揚など精神面を司る役割があるため、フィナステリドの影響で男性ホルモンが抑えられてしまうと気持ちの落ち込みといった状態になりやすくなります。

特にメンタルが弱い人は気分の落ち込みが顕著に出やすいですし、自分で気分を高揚させることも難しいため、フィナステリドの副作用が長引けばどんどん精神的に落ち込んでいく状態が悪化する恐れがあります。

お酒が好きでいつも飲んでいる

お酒が好きで毎日のように飲んでいる人の場合、フィナステリドの副作用が出やすいという傾向にあります。

これはフィナステリドの成分が肝臓に影響を与えるためで、お酒を良く飲む人は肝臓の肝機能が低下していることが多いと言えます。

そうすると弱っている肝臓に対してフィナステリドの成分が影響を与えてしまい、肝臓疾患を発症させるということも考えられます。

フィナステリドは非常に強い薬ですので肝臓に与える負担も大きく、それが正常な肝臓の働きを阻害してしまいアルコールなどをきちんと分解できなくしてしまうことに繋がります。

それが続いてしまうと肝臓疾患を患うことにもなりかねませんので、アルコールを日常的に飲んでいる人は特に注意が必要です。

内臓に疾患を抱えている

フィナステリドを服用する前からすでに内臓に何かしらの疾患を抱えている人の場合、フィナステリドによる副作用が出やすいということが考えられます。

特に肝臓に元々疾患を抱えている場合はさらにその症状を悪化させてしまうことが考えられますし、肝臓の影響を受けて他の内臓にも悪影響を与えてしまい、内臓不全になることも考えられます。

そのため内臓に疾患を抱えている場合にはフィナステリドの服用は避けるべきでしょう。もし服用する場合には医師の判断を仰ぎましょう。

アレルギー体質の人

生まれながらにアレルギー体質の人はフィナステリドの成分による肌の痒みや湿疹といった副作用が起き易いと言えます。

これはアレルギー体質の場合にはフィナステリドの成分に対し体が反応してしまうので、それによる副作用が回避できないことが多いでしょう。

特に薬で何かしらのトラブル経験がある人の場合は、フィナステリドを摂取することで薬害の副作用が起きることも考えられますのでアレルギー体質の人は特に注意が必要です。

他の薬を服用している

現在他の病気で薬を服用しているという人もフィナステリドの副作用が現れやすい状態といえます。

他の薬とフィナステリドの相性が悪ければ、嘔吐や倦怠感、体への湿疹や蕁麻疹といった形で副作用が現れることになります。

そのため他の薬との飲み合わせには注意をしなければいけませんし、フィナステリドと薬の相性を知るためにも医師へ相談することが副作用会費に繋がる方法となります。



当サイトでは、髪や頭皮にいい栄養成分の効能を整理して、安全で効果のある育毛サプリをまとめています。

フィナステリド・ミノキシジルタブが含まれていないの同等の育毛効果があるサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識