トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  冬の抜け毛の原因と対策

冬の抜け毛の原因と対策まとめ

冬の抜け毛の原因のまとめ>

寒さによる血行不良

頭皮は多くの血管が張り巡らされており、栄養を毛穴へと送っています。冬になり、寒くなると全身の血行が悪くなり、血管が収縮します。頭皮の血行不良も起こり、結果、抜け毛を引き起こします。

皮脂の分泌増加

気温が低くなると、汗をかきにくくなります。すると汗の代わりに、毛穴の皮脂が多く分泌されます。汗をかいていないのに頭皮の臭いが強くなり、毛穴に皮脂が詰まり、抜け毛が増えてしまいます。

また、皮脂が増えると皮膚常在菌が増殖し、湿疹を起こし、この湿疹も抜け毛を引き起こす原因となります。

頭皮の乾燥

冬になると地肌の水分を失い乾燥します。夏の強い紫外線でダメージを受けた頭皮が、秋から急激に乾燥をし始めます。頭皮は砂漠のような状態になり、潤いのない砂漠には何も育たないわけです。

頭皮もお肌と同じなので、カサカサしてフケが発生し、かゆみが出ます。無意識に頭を掻いてしまい、頭皮を傷つけてしまいます。

すると、傷つけられた頭皮のバリア機能は低下し、毛根がしっかりと根を張る事ができず、抜け毛が起きたり、毛が細くなったりと悪い状態になります。

季節によるもの

髪の毛は、「ヘアサイクル」という成長周期があり、毛根が休憩する休止期の次に成長期に入ります。

成長期には、数年髪が成長し伸びていき、その後は退行期に入り、髪の毛が抜けていきます。これを繰り返していきます。このヘアサイクルが乱れると、サイクルの周期が短くなり、抜け毛が多くなります。

ヘアサイクルの乱れは、夏のダメージも原因の一つにあります。プールで塩素にさらされ、海や山などで長時間太陽の下で過ごす事も多く、強い紫外線にもさらされます。

夏の毎日の生活で徐々に蓄積されたダメージが、ヘアサイクルを乱れさせ、秋から冬にかけて抜け毛をもたらす事になります。

体の冷え

夏でも冷え性の方は多いと思います。それが、冬になると常に体が冷えた状態になり、血行不良が起こると末端に血流が行かなくなり、酸素も運ばれにくくなります。すると、毛根に原因はなくても不活性化してしまい、抜け毛を起こします。

冬の抜け毛の対策

マフラーや帽子で寒さ対策

マフラーで首を温める事で、首から上を温める事ができ、防寒することができます。

また、帽子などで防寒した時は、頭皮が蒸れた状態なので、しっかりシャンプーを行うようにしましょう。頭皮マッサージも効果的です。

優しく気持ちのよい程度で頭皮をマッサージしてあげる事で、寒くて固くなった頭皮をほぐし、血流をよくします。

また、喫煙は冬でなくても血管を収縮させてしまいます。結果、頭皮の血行不良に繋がるので、禁煙を心がけましょう。

バランスのよい食事

油物を多く摂取すると、皮脂の分泌も増えてしまいます。バランスの良い食事を心がけ、毛穴の脂を押し出すようにやさしくシャンプーをしましょう。シャンプーのやりすぎは、乾燥に繋がりますので、一日一回のシャンプーで十分です。

シャンプーを見直す

夏に使用していたシャンプーをそのまま使用していると乾燥する可能性があります。夏にすっきり感やべたつきを抑えるシャンプーを使用していた場合、冬も同じシャンプーだと頭皮や毛髪の乾燥を悪化させてしまいます。 シャンプーは保湿剤の含まれているものを選び、ガシガシ洗うのではなく、やさしく泡で洗うように心がけましょう。

夏場の紫外線対策

冬のある程度の抜け毛は仕方ないのかもしれません。しかし、夏場の髪へのダメージを気にする事で、冬場の抜け毛を抑える事が出来ますので、夏は髪や頭皮の紫外線対策もしっかり行うことが必要です。

帽子をかぶる、UVスプレーを使うなどの対策を行いましょう。

体を温める

冷えは体のあらゆるところに不調をもたらします。なるべく体を冷やさないよう温かい飲み物や食べ物を取ることです。

できるだけ末端にも血流が行きわたるよう、カイロを貼ったり、湯船に浸かり発汗を促しましょう。

冬の抜け毛にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識