トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  脱毛症の種類と治療方法

脱毛症の種類と治療方法まとめ

"

脱毛症の種類まとめ

男性型脱毛症

通称AGAと呼ばれているものであり、男性が色々な理由によって、頭頂部や後頭部が薄くなり始め、最終的には側頭部以外は全て抜けてしまうことになります。

この状態になるのは、遺伝が非常に多いとされていて、自分の親や祖父などが薄毛の場合は、そういった症状になってしまうこともあります。また、生活習慣が悪いことで、薄毛になってしまうこともあります。

円形脱毛症

後頭部に起こりやすいもので、円形に抜けてしまっている状態です。側頭部にも起こりやすく、様々な部分に10円玉くらいの状態になって、抜け毛がでてくることが多いです。

原因はストレスが大半で、強いストレスが多くかかることによって、抜けてしまうことがあります。一時的なものであることが多く、ある程度ストレスを解消して、治療を進めていけば解消されることがあります。

分娩後脱毛症

女性の方だけが起こる症状であり、妊娠から出産を経たとき、こうした状態になることがあります。

原因はホルモンバランスが乱れてしまうことで、抜け毛が大幅に起こりやすい状態になっているのです。

一時的なものであるケースもありますが、抜け毛が泊まらないことによって、ストレスがさらに増加する可能性もあり、他の脱毛症を引き起こす原因になることもあります。

脂漏性脱毛症

皮脂が多くなりすぎて、これによって毛穴がふさがれることで、炎症を起こしてしまうものです。炎症が起きたとき、抜け毛が一緒に起こりやすくなっていて、抜け毛が多くなってしまいます。

この症状は、男性だけでなく女性にも起こりやすいものとされていて、皮脂が多く分泌されている方は、それだけケアをしっかり行って、取り除かなければなりません。

びまん性脱毛症

女性の方が起こるAGAと同じものであり、FAGAという名称で呼ばれています。男性と同様に、遺伝などによって薄毛が起きてしまうもので、女性の命というべき髪の毛が次々と抜け始めます。

ホルモンバランスが正常になっていない場合、血流不足などによって、髪の毛の栄養を保つことが出来ないなどの理由により、起こりやすくなります。

治療方法まとめ

AGA専用のクリニックに相談

男性のAGA、女性のFAGAと呼ばれる症状は、専用のクリニックに相談して、原因を突き止めてもらう必要があります。

原因がホルモンバランスの乱れによって起きているのか、それとも遺伝が原因となっているかをしっかり判断して、それによって治療方針を見つけてもらいます。

最終的には、専用の薬を利用して、こうした薄毛のトラブルを解消することになります。

個人的に輸入できる薬を利用する

薄毛に大して効果のある薬が販売されており、育毛剤だけでなく、飲むことによって増やすことが出来るものも販売されています。これらの薬を利用して、髪の増やしていく方法を取れば、個人でも解消できることがあります。

ただ、薬には副作用もありますので、利用する際は副作用の問題がないかチェックしてください。特にミノキシジルは、副作用が強いとされています。

シャンプーを変更する

脂漏性脱毛症の方は、シャンプーを変更することによって、髪の毛が増えてくることもあります。

洗浄力の高いものを利用したり、なるべく頭皮に影響が出ないようなシャンプーを利用することで、薄毛にならないように気をつけることが出来ます。

ある程度の洗浄力を持っていて、しかも頭皮の影響が出づらいとされている、ノンシリコンシャンプーを活用することが大事です。

ストレスを解消させられる趣味を作る

妊娠後に起こりやすい脱毛症、円形脱毛症などについては、ストレスを解消する方法を確保するのがいいです。

これによって、ストレスを解消させながら、育毛剤を利用することによって治療をすることが出来ます。

髪の毛のことを考えなくてもいいとされる方法を採用して、なるべくストレスを軽減していくことが重要になります。

生活習慣を見直す

睡眠時間が全く足りていない状態、栄養分が足りないものばかり食べている、脂肪分の多いものを食べ過ぎているなどの問題があるなら、これを解消していかなければなりません。

生活習慣が乱れていることは、髪の毛に対しても非常に危ない状態となってしまいます。身近な生活習慣から見直すことが大事で、自分が今のままで大丈夫かをしっかり確認し、治療方針を考えていきます。

それぞれの脱毛症にあったサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識