トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  前頭部の薄毛の原因と発毛対策

前頭部・前髪の薄毛(後退)の原因と発毛対策まとめ

"

前頭部・前髪の薄毛(後退)の原因

毛根が弱ったため

前頭部や前髪の生え際が後退する原因は、毛根が弱くなったことが原因です。近頃は男性だけでなく女性にも薄毛の悩みを訴える人が増えてきました。

頭皮や毛穴が清潔じゃないため

頭皮や毛穴が脂っぽいと毛穴が詰まりやすくなり栄養や酸素が行き届かなくなるので、血行促進が滞ります。髪の健康のためには血行促進が欠かせないので、清潔な状態を保つ必要があります。

ストレスが多い

髪が抜ける原因はストレスです。ストレスをためこまないようにしないと新陳代謝も悪くなり、抜け毛の原因になります。

多少のストレスは社会生活につきものですが、多すぎても困ります。ストレスもホルモン減少と関係があるので、ほどほどにしておく事が大切です。

喫煙の量が多い

喫煙は肺に悪い影響がある事で知られていますが、抜け毛の原因にもなります。

ホルモンのバランスが悪い

特に女性に良く見られますが、ホルモンのバランスが悪く男性ホルモンが優勢になるのも原因の一つです。

栄養のバランスが悪い

アルコールの量が多かったり、脂っこい物が多いなどバランスの悪い食事を摂っていると頭皮や毛穴まで酸素や栄養が行き渡りません。

前頭部・前髪の生え際の薄毛(後退)の原因と発毛対策まとめ

皮膚科の病院で診療を受ける他に、効果がある育毛剤を使う

育毛剤で注目されているのは「リアップX5」「ロゲイン」です。育毛剤を使う時はシャンプーの後で髪の埃や脂を落とした清潔な状態の時が一番です。

個人差によって副作用があるので、皮膚科の医師と相談してから使う事が大事です。

頭皮や毛穴をマッサージする

前頭部や前髪の生え際は体の中で毛細血管が少なく酸素や栄養が行き渡らない事が多いため、血行不良状態になっています。

毎日シャンプー時に指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗うのも大事ですが、その他に頭皮をマッサージすると血行が良くなって薄毛の予防になります。

シャンプーを原液のまま使うと髪の毛や頭皮が傷むので、ほんの少量を泡立てて使いましょう。オイルでマッサージする人もいますが、終わった後お湯で良くすすいでおくと良いでしょう。

軽い運動と共に質の良い睡眠時間をとる

ストレスを減らすには運動をしたり質の良い睡眠をとったりするのが効果的です。

運動は激しいものではなく通勤時にひと駅分余分に歩いたり軽いストレッチをしたりする事から続けてみると効果があります。睡眠は長い時間寝るよりも、どれだけ良く眠れるかどうかが重要です。

睡眠前に手浴や足浴をしたり、アイマスクをして光を遮断するなどして寝られるように工夫しましょう。入浴してから1時間以上置いて体温が下がった時が睡眠をとるのに良いタイミングなので、その時に床に入れるように準備しておくと、スムーズに入眠できます。

外出着と部屋着は分ける事が大事です。家の中ではリラックス出来る服に着替えてゆったりと過ごしますが、部屋の明かりは蛍光灯ではなく暖色系の間接照明にすると、光による刺激が軽減されます。

喫煙の量を減らす

髪の育毛には亜鉛が重要な役割を果たしますが、喫煙が多い人は亜鉛が減少して強い髪の毛が育たなくなります。喫煙の量を減らせば亜鉛の量が増加するので、髪の毛の良好になります。

ホルモンバランスが悪い場合は専門外来でホルモン治療を受ける

女性は更年期に入ると女性ホルモンが減少するので、薄毛になる傾向があります。

男性も更年期にジヒドロテストステロンが増加しますが、女性が閉経の前後5年というはっきりした目安があるのに対して、男性の場合はいつ頃更年期が始まるのかはっきりしない場合があります。

男性は性欲の減退やうつ病、頻尿、慢性疲労などの症状があったら更年期障害の疑いがあります。症状を改善するためには男女とも専門外来でホルモンを補充する治療を受ける方法があります。

栄養のバランスのとれた食事を摂る

脂っこい食事を摂ると血液中に脂肪分が増えてコレステロールの元になり、血流が滞るため病気を併発します。

頭皮や髪にも影響を及ぼすので揚げ物の量を控えめにして、自宅で作って食べる時は使う油の量を減らしたりトースターで焼いたりして、脂を摂り過ぎないよう調理法を工夫しましょう。

アルコールはたくさん飲むと体が冷えるので、お酒と一緒に栄養のバランスのとれた料理やおつまみを少量ずつ食べるようにすると、飲む量も抑えられます。

発毛に良い食事には亜鉛が不可欠です。一般に亜鉛が多い食物で一番知られているのは牡蠣ですが、その他に豚のレバーや抹茶も亜鉛が多く含まれています。

亜鉛は育毛促進の働きがありますが、ストレスや喫煙、アルコールの量が多いのが原因で消費量が多くなりやすい栄養素です。亜鉛を含む食品の他には緑黄素野菜、大豆や大豆食品が髪に良いとされています。

栄養のバランスのとれた食事を心がけましょう。

前頂部の薄毛にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識