トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  壮年性脱毛症の原因と対策

壮年性脱毛症の原因と対策まとめ

壮年性脱毛症の原因まとめ

男性ホルモンが原因

壮年性脱毛症とはいわゆるAGAと呼ばれる脱毛症のことで、30代~40代に起きるAGAを壮年性脱毛症と呼びます。

この壮年性脱毛症の原因となっているのが男性ホルモンで、男性ホルモンのテストステロンと頭皮に存在する5αリアクターゼの結びつきにより、脱毛を促すジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが生成されることで抜け毛が大幅に増加することになります。

そのため男性ホルモンの分泌が増える思春期以降の年齢で、特に中年と呼ばれる年代の人がこの影響を大きく受けやすい状況と鳴ります。

特に男性ホルモンの分泌が多い人ほど脱毛症を発症しやすいですので、男性ホルモンが増える生活を行っている人は要注意です。

遺伝が原因

壮年性脱毛症を発症する人は、遺伝的に生まれながらにして脱毛を促す元となる5αリアクターゼの分泌量が多いと言えます。

そのため自分の父親や祖父などが薄毛だった場合、その体質を受け継いでいるため自分自身も薄毛になる可能性が極めて高くなります。

5αリアクターゼの分泌量が少なければ脱毛症になる可能性も低くなりますが、家系が薄毛の家系だった場合には壮年性脱毛症のリスクが非常に高くなると考える必要があります。

血流の悪化が原因

体の血流が正常であれば体の代謝も促進されますし、血液の流れに乗せて必要な栄養を隅々まで送ることが出来ます。髪の毛に関しても血液の流れにより頭皮を正常な状態に保ち髪の毛に必要な栄養素を届けることが出来ています。

しかし中年になると運動をしなくなりますし、それによる体の肥満化が起き易くなり、さらに食生活も乱れ血中コレステロールなどが増加することになります。

これはいわゆるドロドロ血と呼ばれる状態で、これが続くと血流の悪化が慢性的に起きることになり、頭皮へも必要な栄養素を届けることが出来なくなります。

そうすると髪の毛は徐々に健康な状態を維持できなくなり、壮年性脱毛症に拍車をかけてしまうことになります。喫煙なども血流を悪化させる原因となります。

毛髪サイクルが原因

髪の毛には毛髪サイクルと呼ばれる周期があり、成長期・退行期・休止期という3つのサイクルで髪の毛は生え変わりをしています。

壮年性脱毛症の場合この毛髪サイクルが著しく短くなるのが原因で、特に成長期のサイクルが短くなります。

通常であれば成長期のサイクルは2~6年程度の期間があるわけですが、これがそれよりも短くなることで髪の毛が太く成長する前に抜け落ちてしまうことになります。

そうすると本来の毛髪サイクルよりもそのサイクルが短いため、薄毛という状況が生まれてくることになるわけです。

正常な頭皮のヘアサイクルに比べ、壮年性脱毛症の頭皮ではヘアサイクルが短くなる現象が起こっています。1日に抜ける髪の毛は50本~100本ぐらいで、100本以内であれば特に心配する必要はありません。しかし、抜け毛の数がそれ以上になると壮年性脱毛症の可能性があります。

引用元URL:http://www.taisho.co.jp/riup/riupplus/baldness/


栄養素の不足が原因

髪を正しく成長させるためには髪を生成するための栄養素の摂取が必要です。この栄養素が不足してしまうと髪の毛は成長することが出来なくなりますので、本来の健康な髪の毛を維持することも難しくなります。

これは食生活の乱れによるところが多く、特にバランスの良い食事が出来ていない場合はその影響が顕著に現れることになります。

壮年性脱毛症の対策まとめ

男性ホルモンの分泌を抑える

壮年性脱毛症を抑えるために効果があるのは、男性ホルモンの分泌を抑え5αリアクターゼの活動を阻害することが重要です。

男性ホルモンが優位になればどうしても5αリアクターゼとの結びつきが起き易くなりますが、男性ホルモンの分泌量を減らすことが出来れば抜け毛を防止することも可能になります。

そのためには女性ホルモンを増やすことが重要で、女性ホルモンと同等の働きをしてくれる大豆イソフラボンの摂取が非常に有効になります。

大豆イソフラボンには女性ホルモン同様の髪の毛の毛髪サイクルを伸ばす働きがありますので、摂取することで髪を抜けにくくできます。

5αリアクターゼの活動を抑えるには亜鉛の摂取が有効で、亜鉛を摂る事で男性ホルモンとの結びつきを抑え、抜け毛を防止できます。



頭皮の血流を改善する

壮年性脱毛症を防止するには頭皮の血流改善が効果的です。

血流を改善することで初めて頭皮へ栄養を送ることが出来ますし、血流が改善すると頭皮環境も正常にすることが出来ますので、抜け毛が起きにくい状態を維持することが出来ます。

頭皮の血流を改善するには、頭皮マッサージを行い頭皮を柔らかくすることと、血流を改善できる成分を摂取することが有効です。

例えば唐辛子に含まれるカプサイシンの摂取は発汗作用と血流改善効果が高いですので、頭皮への血流も大幅に改善できます。

必要な栄養素を摂取する

髪の毛を維持するために必要な栄養素にはたんぱく質や亜鉛といった栄養素があり、それが足りなくなると壮年性脱毛症を進行させる原因となります。

髪の毛を作るための栄養素が足りていないということは、いくら頭皮環境を正常化しても、マッサージなどで血流を改善しても効果が得られないということになりますので、毎日の食事できちんと栄養素の摂取を行うことが重要です。

食事での摂取が難しい場合はサプリの利用で必要な栄養を補充するのも対策としては効果的です。

生活習慣を見直す

壮年性脱毛症は生活習慣が大きく起因していることも多く、不摂生な生活や喫煙が非常に多い、毎日のお酒を大量に摂取するなどの生活習慣は抜け毛を助長する原因となります。

そのため自分の生活習慣を見直し、抜け毛に悪影響になる習慣を排除していくことが重要で、規則正しい生活を意識して行うだけでも抜け毛を防止する効果が得られます。

育毛剤を使用する

現在壮年性脱毛症の治療には頭皮に塗布する育毛剤や、医療機関で処方してもらう飲む育毛剤などがあります。頭皮に塗布する育毛剤はミノキシジルを配合したもので、頭皮の血流を改善することが出来ます。

飲む育毛剤はフィナステリドを主成分とした薬で、壮年性脱毛症の原因である5αリアクターゼの活動を阻害する効果があります。そのため壮年性脱毛症であればこれらの育毛剤を使用することで、抜け毛を食い止める効果が得られます。

壮年性脱毛症にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識