トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  頭皮の湿疹の原因と対策

頭皮の湿疹の原因と対策まとめ

"

頭皮の湿疹の原因まとめ

カラーリングを何度も繰り返している

髪の毛を染めてしまう際に、カラーを入れるための液を利用することになります。しかし、この液の中には頭皮にダメージを与えてしまうものが含まれており、利用していくと徐々に頭皮に問題がでてきます。

カラーリングを繰り返していると、そのうち頭皮の湿疹が生まれてしまい、かゆみが出やすくなってしまいます。

適度に行っている場合は別ですが、1ヶ月に2回以上染めていることは、湿疹を作りやすくなってしまいます。

皮脂が多く溜まっている

本来皮脂というのは、頭皮のダメージを守ってくれる効果を持っているので、なるべく残しておきたいものです。

しかし、毛穴に詰まった状態になっていたり、皮脂がしっかりと取り除けないことで、頭皮にダメージを与えることがあります。

過剰に残っている状態になると、皮脂の影響で湿疹ができるようになり、かゆみが強くなっていきます。

特に夏場にかけて多く、皮脂が出来やすい人には起こりやすいです。



頭皮の乾燥によってダメージを受けている

乾燥肌の人に多い傾向があるもので、頭皮が乾燥して、ダメージをそのまま与えてしまっていることで起きてしまいます。

本来は皮脂がありますので、紫外線などのダメージは抑えられることになりますが、乾燥しているとそうした皮脂がなくなってしまい、ダメージが強くなっていきます。

乾燥する季節になると、突然かゆみが増えている人は、この症状が起きていることがあります。

アトピーを患っている

皮膚の病気としてはかなり多いとされているアトピーですが、頭皮にもその影響は出てくることになります。

頭皮というのは、立派な肌の一部となっており、この部分もアトピーの症状がでてくると、湿疹が多くなってしまいます。

アトピーを持っている方は、しっかりと対策を進めておかないと、湿疹の数がかなり増えてくるので注意が必要です。

アルコールに弱い肌なのにアルコールの入った育毛剤を利用する

アルコールは、人によって強い場合と弱い場合があり、弱い人がアルコールを肌に付けると、湿疹の症状が生まれてしまいます。

特に育毛剤では種類を確認して、成分の中にアルコールが含まれていないことを確認しなければなりません。入っているものを利用し続けると、1週間から2週間後に湿疹が生まれてしまいます。

頭皮の湿疹の対策まとめ

頭皮の皮脂を正常に整える

シャンプーを利用して、頭皮の皮脂を正常な量に抑えるなるべく皮脂を取り除きすぎないものを使ってください。

シリコンの入っているシャンプーを利用すると、髪の毛をしっかり洗うことが出来る反面、皮脂が取り除かれすぎてしまうので、ダメージを受けてしまいます。



乾燥肌の人は保湿できる空間を作る

乾燥によって湿疹が出来ている場合は、保湿できるような空間を作って、なるべく湿度の高い状態を作ってください。乾燥しないように気をつけていると、それだけ湿疹ができる可能性は低くなります。

加湿器を利用して、部屋全体をある程度の湿度に設定しておくのも効果的です。

アルコールの摂取、接触を避ける

アルコールが原因で湿疹が起きている人もかなり多いので、まずはアルコールの摂取を極力避けること、接触もしないようにしてください。

アルコールの入っている飲料をこぼしてしまったり、飲みすぎていると湿疹ができてしまうことも多くなります。それらの摂取を避けるようにすると、湿疹はできなくなります。

また、アルコールの入っている育毛剤は控えて、ノンアルコールの育毛剤を利用するといいです。

アトピーの治療を受ける

アトピーが原因となっている場合は、皮膚科での治療を受けることになります。自己流で行っても、対策をしたことでさらに悪化することもあります。

適切な治療を行ってもらうことが大事であり、なるべくアトピーの場合は、自分で解決せず、医師の方にしっかり診てもらってください。

治療薬を塗って抑える

自己流でも簡単にできる方法は、頭皮湿疹用の塗り薬を塗る
かゆみがでてしまったときは、なるべく治療薬を塗ることにして、頭皮を引っかかないようにします。

頭皮の湿疹にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識