トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  細い髪の毛の原因と太くする方法

髪の毛が細くなった原因と髪の毛を太くする対策方法まとめ

髪の毛が細くなった原因まとめ

髪の毛に伝わる血流が不足している

髪の毛は、血液によってサイクルを生成しています。このサイクルが乱れてしまうと、細い髪の毛が増加するようになり、どんどんボリュームが不足してしまいます。

血液循環が不足しているような状態になってくると、それによって髪の毛を太く保てる栄養分が減ってしまうことで、どんどん髪の毛は弱い状態になってしまいます。

血流が単純に不足している場合と、髪の毛の部分だけ血流が不足している場合の2つがあり、どちらなのかを知らないと対策が難しいです。

髪の毛に伝える栄養分が足りない

髪にも栄養が必要となっていますが、必要とされている栄養が不足していることで、細くなってしまうことがあります。

人は色々な栄養分を確保することによって、適切な生活が送れるようになりますが、髪の毛に必要な栄養分は、結構足りないことが多いです。

栄養分の偏った食事が、細い髪の毛を作ってしまう恐れがあります。



生活習慣の乱れ

正しい生活を送っている人は、夜の間に髪の毛に栄養分が来るようになっていますので、それによって栄養分がしっかりと得られるようになって、太い髪の毛が作られます。

睡眠時間が不安定な状態、あまり眠っていないなどの問題は、髪の毛を細くする原因になってしまいます。

特に深夜に起きている人は、髪の毛が細くなりやすいので、早めの対策が必要です。

頭皮のダメージによって細くなっている

髪の毛を支えているのは、頭皮の部分がしっかりしているからです。太く出来ている理由も、大体は頭皮の状態がいいもので、しっかりと髪の毛を育てられる状態になっています。

しかし、頭皮のダメージが多くなっていると、髪の毛にも影響が出てしまい、必要な栄養分やサイクルを維持できなくなってしまいます。

加齢によって細くなってしまう

年齢の高い人と、若い人では、髪の毛の太さに違いが出やすいとされています。加齢によって、どんどん血液循環が悪くなったり、本来必要な栄養分を得ても、届かない状態になってしまいます。

年齢が高くなると、自然に髪の毛の太さが生まれなくなるので、誰にでもこれは起こりうることです。

ダイエットなどによって栄養が足りていない

普通に食事をしていると、栄養分が不足することはまずありえませんが、ダイエットをしていると、栄養分の不足が起こりやすくなります。食べるものが多くならないことで、栄養不足に陥ってしまい、髪の毛が細くなってしまいます。

栄養分が不足していることで髪は細くなり、抜けやすくなってしまいます。

皮脂の過剰分泌で抜けてしまう

皮脂が溜まっていると、髪の毛の太さが足りなくなって、細い髪の毛ばかりが作られることになります。毛穴が詰まっていることは、髪の毛が太いものでは前に出て行かないので、自然と細いものばかりになってしまうのです。

抜けてしまうのは、皮脂が過剰に分泌されていることによって、どんどん髪の毛の状態が悪くなっていることを指しています。

デスクワーク中心で運動をしていない

適度に運動をしていないと、髪の毛に血流を与えることができなくなります。デスクワークを中心に仕事をしている方で、肩こりが非常に強くなりやすい人の場合、血流不足が深刻的な状態になっています。

時々席を立つようにして、しっかりと運動をすることが大事になってきますが、運動をしていないことによって、必要な血液を送り出せず、細い髪の毛から抜け始めるようになります。

休む時間が足りていない

睡眠時間が不足しているという部分が、髪の毛の細さに繋がってしまいます。眠ることが出来ないままだと、髪の毛の栄養分が深夜に不足することになり、本来成長を促していくタイミングで、それが起こらなくなってしまいます。

細い髪の毛は、ちょっとした刺激でも抜けてしまうので、シャンプーなどをしているうちに、次々と抜けてしまいます。

髪のサイクルが突然止まってしまう

主に男性型の薄毛症状である、AGAが起きてしまうことによって、髪のサイクルが止まってしまうことになります。AGAになると、本来でてくるサイクルが、突然おかしなものに変わってしまい、細い髪の毛が抜けてくるようになります。

そして新しい髪の毛が出来ても、それも細いままとなっており、抜けていくことを繰り返しているうちに、髪の毛がなくなってしまうのです。


髪の毛を太くする対策方法まとめ

高たんぱくを中心に、髪の毛に必要な栄養分を増やす

髪を太くするためには、たんぱく質が非常に重要とされています。なるべく「高たんぱく」の食事をするようにして、少しでも髪の毛に必要なものを増やしてあげるといいです。

ただ、過剰に摂取することは、太る可能性が高くなったり、血液にも問題が出てしまうので、食べすぎには気をつけてください。

なるべく魚が持っているたんぱく質を摂取することがお勧めで、一緒に血液循環を改善できる効果も期待できます。

栄養分のある食事を取るようにして、少しでも髪の毛の細さを改善していく方法を取ります。

この方法で有効とされているのが、育毛に高い効果を持っている「プロテイン」です。髪の毛に必要な栄養分を全て手に入れることとができることと、眠っている間にプロテインの効果が体内に入るようになるため、細い髪の毛を改善できます。

ただ、太る可能性があるので注意も必要です。

髪の毛を太くするサプリメントを服用する

ここで利用するのは、髪の毛に効果のあるサプリメントになります。

亜鉛などが不足していることで、細い髪の毛が作られていることもあるので、これらを中心に服用していくと、徐々にですが太い髪の毛が作られるようになります。

毎日は摂取しないようして、なるべく間を空けながらゆっくり服用してください。

亜鉛以外にも、ノコギリヤシのように、摂取することで髪の毛を太くできるサプリメントが販売されています。他の部分にもいい影響が出てきますので、すぐにでも太くしたいと思っているなら、サプリメントも一緒に服用します。

安く販売されているものでも十分に太く出来ますので、最初から高額なものを使用せず、最初は安いもので試してください。

なお、髪の毛に効果のあるものと、他の部分に効果のあるものが販売されていますが、どちらを利用しても効果はあります。

頭皮の湿疹をなくす

頭皮に湿疹が生まれていることは、栄養分を沢山摂取しても、それを効果的に伝えることが出来ません。頭皮の問題は、すぐにでも解決することが望ましいので、まずは頭皮湿疹の治療を行ってください。

個人的に原因がわかっているのであれば、必要なものを揃えれば対応できますが、わからない場合は皮膚科で相談してください。

頭皮のマッサージをする

血流を増やすためには、頭皮のマッサージをすることがお勧めです。触って行う方法もいいですが、目を見開いて数秒間そのままにして、それからゆっくり下ろすという方法も使いやすいです。

頭皮に刺激を与えることで、血流を増やして栄養分を増やせば、太い髪の毛に変わっていきます。

使っているシャンプーを交換する

現在利用しているシャンプーが、あまりいい頭皮環境を作り出していないことで、サイクルを駄目にしていることもあります。

現在利用しているシャンプーから、高額なものに切り替えることによって、洗浄効果が高まり、余計な皮脂をしっかり取り除くことが出来ます。

乾燥肌の人は、乾燥タイプのシャンプーを利用して、潤いを与えるようにしてください。

睡眠時間を夜に増やす

睡眠時間が不足していることは、それだけ髪の毛に栄養を伝える時間が減ることになります。足りていないと思っている人は、できる限り睡眠時間を増やすようにしてください。

また、夜に眠っていなくて、昼の時間帯を中心に眠っている場合は、なるべく夜に寝る時間を確保するようにしてください。

ゴールデンタイムと呼ばれる、夜10時から2時までの間が効果的で、この間に睡眠を始めるといいです。



快適に睡眠をとることが出来る商品を使う

眠りが浅く、なかなか夜に眠れない状態になっている人もいます。これが薄毛に影響してくることもありますので、なるべく眠りやすいように対策をします。 低反発マットレスを利用すると、意外と眠りやすい状態になるので、活用することで今までの睡眠を改善できることがあります。

ちょっとでもいいから運動をする

髪の毛の細さは、運動をすることによって解決する場合もあります。デスクワーク中心で、肩に強い負担がかかっている場合は、なるべく肩の負担を取り除けるようなマッサージと運動を併用してください。

こうして血液が髪の毛までしっかりいくようになると、細い髪の毛が抜けてしまったときに、太い髪の毛が生えてくるので、改善されることがあります。

細くなってしまった髪の毛にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識