トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  フィナステリドの副作用が出やすい人

フィナステリドの 副作用が起きやすい人の特徴まとめ

日々ストレスを受けている

フィナステリドの副作用が起き易い人は日々の生活でストレスを受け続けている人の場合、その影響が非常に強く出る可能性があります。

これはストレスにより自律神経の乱れや体の免疫力の低下といった状態が起きているためで、それがフィナステリドの薬の影響を強く受けてしまい副作用である体の痒みなどのアレルギー症状を引き起こしやすくしてしまいます。

正常な免疫が働いている状態であれば痒みなどのアレルギー症状が出ることは少ないですので、ストレスを溜めている人は副作用の影響を受けやすいといえるでしょう。

メンタル面が弱い

フィナステリドの副作用には気分の落ち込みやうつといった精神的な面に影響を与える副作用もあります。

この精神的な副作用に関しては基本的にメンタルが弱い人ほどその副作用が出やすいといえます。

フィナステリドの効果により男性ホルモンのテストステロンと5αリアクターゼの結びつきを阻害し抜け毛を抑えるわけですが、この時に男性ホルモンのテストステロンの活動も低下してしまうことがあります。

男性ホルモンには気分の高揚など精神面を司る役割があるため、フィナステリドの影響で男性ホルモンが抑えられてしまうと気持ちの落ち込みといった状態になりやすくなります。

特にメンタルが弱い人は気分の落ち込みが顕著に出やすいですし、自分で気分を高揚させることも難しいため、フィナステリドの副作用が長引けばどんどん精神的に落ち込んでいく状態が悪化する恐れがあります。

お酒が好きでいつも飲んでいる

お酒が好きで毎日のように飲んでいる人の場合、フィナステリドの副作用が出やすいという傾向にあります。

これはフィナステリドの成分が肝臓に影響を与えるためで、お酒を良く飲む人は肝臓の肝機能が低下していることが多いと言えます。

そうすると弱っている肝臓に対してフィナステリドの成分が影響を与えてしまい、肝臓疾患を発症させるということも考えられます。

フィナステリドは非常に強い薬ですので肝臓に与える負担も大きく、それが正常な肝臓の働きを阻害してしまいアルコールなどをきちんと分解できなくしてしまうことに繋がります。

それが続いてしまうと肝臓疾患を患うことにもなりかねませんので、アルコールを日常的に飲んでいる人は特に注意が必要です。

内臓に疾患を抱えている

フィナステリドを服用する前からすでに内臓に何かしらの疾患を抱えている人の場合、フィナステリドによる副作用が出やすいということが考えられます。

特に肝臓に元々疾患を抱えている場合はさらにその症状を悪化させてしまうことが考えられますし、肝臓の影響を受けて他の内臓にも悪影響を与えてしまい、内臓不全になることも考えられます。

そのため内臓に疾患を抱えている場合にはフィナステリドの服用は避けるべきでしょう。もし服用する場合には医師の判断を仰ぎましょう。

アレルギー体質の人

生まれながらにアレルギー体質の人はフィナステリドの成分による肌の痒みや湿疹といった副作用が起き易いと言えます。

これはアレルギー体質の場合にはフィナステリドの成分に対し体が反応してしまうので、それによる副作用が回避できないことが多いでしょう。

特に薬で何かしらのトラブル経験がある人の場合は、フィナステリドを摂取することで薬害の副作用が起きることも考えられますのでアレルギー体質の人は特に注意が必要です。

他の薬を服用している

現在他の病気で薬を服用しているという人もフィナステリドの副作用が現れやすい状態といえます。

他の薬とフィナステリドの相性が悪ければ、嘔吐や倦怠感、体への湿疹や蕁麻疹といった形で副作用が現れることになります。

そのため他の薬との飲み合わせには注意をしなければいけませんし、フィナステリドと薬の相性を知るためにも医師へ相談することが副作用会費に繋がる方法となります。

フィナステリドが含まれていないサプリが一目でわかる比較表はこちら。




育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識