トップページ >  > 頭皮に抗酸化成分がいいわけ

頭皮に抗酸化成分がいいわけ

薄毛や抜け毛の原因はいくつかあるわけですが、その1つに「老化」が挙げられます。

老化というのは万人に起こるものであって、個々人で程度のさがあるものの、特定の人に起こる現象ではありません。 という意味では、抗酸化成分を積極的に摂取することで、広く薄毛や抜け毛の予防などに役立つと考えられます。

さて、抗酸化成分とは何か? というところですが、その仕組みとしては単純には、人間の体は酸化してしまうもので、 それによって病気を引き起こす原因になったり、老化の原因になっていたりします。この体が酸化する現象を抑えてくれるのが抗酸化成分なのです。 どのようなものが抗酸化成分なのかというと、ベータカロチン、ビタミン、ポリフェノールやセサミンなどの成分です。

ビタミンは、特にビタミンC,ビタミンE、などが有効化されています。これらの他にも多くの成分があります。 具体的には例えば人参やほうれん草などの緑黄色野菜には、抗酸化成分であるベータカロチンが豊富に含まれています。 また、ブルーべリーにはアントシアニンという、これもまた抗酸化成分の1つが含まれています。
育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識