トップページ >  > 紫外線と薄毛の関係

紫外線と薄毛の関係


薄毛の原因にはいくつかのものがあります。その1つに紫外線があります。紫外線の体への影響というと日焼けを思い浮かべる人が少なくないと思います。

人が夏の太陽などによって多くの紫外線を受けた場合には、肌の色が黒くなります。いわゆる日焼けですが、日焼けは女性が嫌うことの1つです。 それは日焼けが肌の老化を早めるからであって、肌には良くありません。これは光によって肌が老化する光老化と呼ばれていたりします。

これは何も肌だけではなくて髪の毛にもダメージを与えるものです。髪の毛もからだの一部なのです。 髪の毛の構成はケラチンというたんぱく質です。タンパク質が髪の毛の健康に良いのはこのためです。

タンパク質を摂取するとその構成成分を摂取していることになります。さて、どうして紫外線が髪の毛には良くないのか? というところですが、 それは髪の毛を構成しているたんぱく質のシステイン結合を切断してしまうからです。

この作用は枝毛や切れ毛などの原因になりますこれは必ずしも抜け毛や薄毛の原因になるものではありませんが、髪の毛を傷めてしまう理由です。
育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識