トップページ >  > ノコギリヤシの副作用と注意すべき使い方まとめ

ノコギリヤシの副作用と注意すべき使い方まとめ

抜け毛の治療薬として有名なノコギリヤシは、フェナステリドなどと比べて比較的副作用が少ないことで人気があります。しかし、薬の飲み合わせなどで思わぬ副作用が出てしまうケースもあるようです。

今回はノコギリヤシの副作用と注意すべき利用方法についてまとめてみました。

ノコギリヤシの利用と見落としやすい注意点

ノコギリヤシは北アメリカに生息するヤシ科の植物で、葉の形がのこぎりの刃と似ている事から名付けられました。葉には鋭いとげがあり、果実は赤黒く昔から薬代わりとして用いられてきました。

日本ではそれほどなじみがありませんが、欧米では健康食品の一つとしてポピュラーな存在です。

ノコギリヤシは主に男性の強壮や尿の排出促進、前立腺肥大の他薄毛に効果があると言われています。

抜け毛は中高年以降の男性に多い症状の一つですが、男性ホルモンの一種テストステロンが5αリダクターゼという酵素の影響でジヒドロテストステロンになり、症状を惹き起こします。

ノコギリヤシの果実は5αリダクターゼの働きを抑制するので、前立腺肥大症の予防や症状の改善、抜け毛にも効果があるのでサプリメントなどに利用されています。

特に天然成分100%の製品が評判で、亜鉛と一緒に摂取すると抜け毛などにより効果があるとされています。

効果が早く表れないと焦って用法より多めに摂取しがちになり、吐き気やめまいなどの副作用を引き起こしやすくなるので注意が必要です。

ドイツのコミッションEという訳用植物の評価委員会によるとノコギリヤシを摂取すると前立腺肥大症の抑制効果が期待出来ますが、前立腺がんの症状が悪化するのを見落とす恐れがあるため、定期的に検診を受ける事が必要です。

女性の利用者の増加生活習慣の改善

ノコギリヤシは男性の症状に対応するとされていましたが、女性の利用者も増加しています。女性は加齢に伴い女性ホルモンが減少しますが、ノコギリヤシを摂取すると女性ホルモンの働きが改善されます

具体的な例を挙げると体つきが女性らしくふくよかになってバストアップをするなどの効果があるとされていて、ホルモンバランスの乱れを整えるため女性利用者が増加しています。

ノコギリヤシはニキビが出来るのを抑制する効果があります。

ニキビの原因である皮脂分泌の増加は男性ホルモンの一種ジヒドロステロンが原因だと言われますが、テストステロンという男性ホルモンがジヒドロステロンに変化したり、ジヒドロステロンの働きを抑制する働きがあるためニキビを出来にくくするのです。

皮脂分泌が抑制されると抜け毛防止や頭皮のかゆみ、髪のべたつきを改善するという人もいます。

ノコギリヤシの摂取の他に飲酒や喫煙を控え、食生活を改善してストレスを軽減する生活を目指すとより効果を実感するようになります。

AGA治療の人は摂取量に注意

ノコギリヤシは5αリダクターゼという酵素の働きを抑制する効果があると言われますが、5αリダクターゼには1型と2型があり、2型の5αリダクターゼがテストステロンからジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化する時の働きを助けます。

Ⅰ型は全身の毛の毛乳頭、2型は男性ホルモンの影響が大きい髭の部分や頭の前頭部から頭頂部の毛乳頭に分布します。

脂症の肌の人は1型5αリダクターゼ、2型リダクターゼは薄毛の原因となりますが、男性ホルモンの一種テストステロンの働きを促進する大切な役割があります。

テストステロンは男性の筋肉生成や精子の働きなどに影響を与えるホルモンなので、テストステロンとの結びつく事を防ぐノコギリヤシを摂取すれば相乗効果が期待出来ますが、AGAを治療する人は注意が必要です。

AGA治療の過程ではフィナステリドという成分が含まれている薬を服用している場合がありますが、性機能障害や胃痛、頭痛などの副作用が懸念されています。

また、妊婦の胎児への悪影響もありますので、注意が必要です。ノコギリヤシと併用する時に用量を考慮する事をお勧めします。

5αリダクターゼを抑制する働きのある食品を摂取する

ノコギリヤシの実はそのまま摂取するのではなくサプリメントに加工した製品を摂取します。

サプリメントを選ぶ時は100%ノコギリヤシの製品を目安にすると安心ですが、他にも5αリダクターゼの働きを抑制する食品やサプリメントなどの製品を生活習慣に取り入れると、副作用の不安が軽減されます。

ノコギリヤシに含まれている成分の中ではβシトステロールやオクタコサノールが5αリダクターゼ抑制に効果があるとされています。

ノコギリヤシの他に効果がある成分は亜鉛やアロイン、イソフラボン、d-リモネン、リコピン、ビタミンB6ですが、これらは食品からも摂取する事が出来ます。

亜鉛は生ガキやしじみなどに多く含まれていてケラチンの生成にも効果的です。

アロインはアロエに含まれている成分で5αリダクターゼの働きを弱め、イソフラボンは大豆や大豆製品で女性ホルモンの一種エストロゲンに近い働きがあるため5αリダクターゼをジヒドロテストステロンに変換するのを阻止すると言われています。

ビタミンB6は牛肉、豚肉、赤身の魚などに含まれていますが、カツオは亜鉛も含まれているので同時に摂取する事が出来ます。

緑茶と大豆食品、紅茶と大豆製品を一緒に摂取するとジヒドロテストステロンの生成が阻止されますが、大豆食品と緑茶だとテストステロンの減少が見られるため少量ずつ摂取した方が注意が必要です。 一方で、紅茶と大豆食品を組み合わせると、テストステロンを減少させることなく、ジヒドロテストステロンだけを抑制することができるので、こちらの方がオススメです。

d-リモネンという成分はみかんの皮部分に含まれていて、リコピンはトマトやスイカ、ピンクグレープフルーツに含まれている事で知られています。リコピンには抗酸化作用があり体のさびを防いで若々しさを保つ働きがあります。

一日に必要はリコピンの摂取量は約15㎎と言われていますが、糖分や塩分などの添加物が含まれていない果実100%のトマトジュースを利用すると、簡単に摂取出来ます。

日々の生活を改善することでも、ジヒドロテストステロンを抑制することができます。

また、毎日の運動を欠かさないようにすると汗と一緒にジヒドロテストステロンを排出したり血行不良を改善することが出来ます。

水分を多く摂取する事も大事なポイントなので、意識して摂るようにする事が大切です。

適切な用法と摂取量を守る

ノコギリヤシの一日に必要な摂取量は200㎎から320㎎だと言われています。体調などにより摂取量に差がありますが、サプリメントによって含まれている成分が変わる事です。

ノコギリヤシには様々な効能があると言われていますが、100%ノコギリヤシの製品よりも複数の成分が含まれている方が別の効能が期待出来るうえに安価で手に入ると考えて購入する消費者がいます。

ノコギリヤシは薬ではありませんが、成分の組み合わせによっては副作用を引き起こす可能性があるので、確認する必要があります。

良質のノコギリヤシのエキスが得られる抽出法は超臨界抽出法で、一度で320㎎服用するより朝と晩の2回の方が効果的だとされています。

複数の効果を得るためにノコギリヤシとそれ以外のサプリメントを併用する場合がありますが、下痢や頭痛などの副作用があるので、一度服用を止めて様子を見ると良いでしょう。

男性だけでなく女性の消費者も増えていますが、摂取量が多すぎると男性ホルモンの生成が促進されるので、更年期などホルモンのバランスの治療をしている人は注意が必要です。

また妊婦や授乳中の女性は胎児や乳児に悪い影響を与える恐れがあるため、使用を控える事が大切です。

サプリメント全般にいえることですが、適切な用法と用量を守って、初めて効果を実感できるもの。ノコギリヤシも例外ではありませんから、しっかりと踏まえたうえで活用していきましょう。

薬との飲み合わせに注意する

ノコギリヤシは天然成分ですが、薬を服用する習慣がある場合はまれに副作用が起きる場合があるので、注意する必要があります。

ノコギリヤシは一部の人に女性ホルモンのエストロゲンの働きを低下させると言われているため、避妊薬を服用する時にノコギリヤシを利用すると避妊薬の効果が減少する可能性があります。

婦人科でエストロゲンなどの女性ホルモン療法を受けている人はノコギリヤシの利用をしないようにしましょう。

血管内に血栓が出来やすいなどの症状がある人は血液凝固抑制剤を処方される場合がありますが、人などで処方される血液凝固抑制薬を利用している方は、ノコギリヤシは血液の凝固を抑制する働きがあるので、手足などに紫斑が出来たり出血量が増えたりするなどの症状が現れます。

イチョウ葉エキスやトラゾドン塩酸塩(デジレル、レスリン)を服用した時と同様の副作用があったという前例もあります。

イチョウ葉エキスはめったに副作用は起きませんが、胃腸の調子が悪くなったり、頭痛や便秘、吐き気、皮膚アレルギーなどの症状が起こります。

妊娠中の人や授乳中の人や手術前の人は摂取を控える事をお勧めします。病気で通院していて薬を服用する習慣のある人は併用する時に注意しましょう。

ノコギリヤシの摂取と治療を併用が可能かどうか医師に相談してから利用する事が必要です

抜け毛の原因から改善してくれるノコギリヤシを始めとした男性用育毛サプリの比較表はこちら



育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識