トップページ >  > ノコギリヤシの効果・副作用・効かない人の特徴・おすすめ摂取法・サプリまとめ

ノコギリヤシの効果・副作用・効かない人の特徴・おすすめ摂取法・サプリまとめ

育毛効果が得られることで有名なノコギリヤシですが、そもそもどうして育毛効果が得られるのでしょうか。

ノコギリヤシとは北アメリカ北部のヤシ科のシュロ属の低木です。この植物から成分が育毛など髪の毛に良い効果が発見されています。 この低木の別名は「セレノア・レベンス」と言います。その効果は前立腺の機能を維持する働きがあります。前立腺肥大症の改善や予防に使われている成分です。

ニキビの予防・改善にも活用されています。このノコギリヤシには育毛効果もあります。 日本ではそれほど馴染みがないものですが、アメリカやヨーロッパではかなり知られた育毛効果のある成分です。

実にいろいろと効果があるノコギリヤリですが、今回はノコギリヤシが髪の薄毛・発毛にいい理由と効果的な使い方についてまとめてみました。

ノコギリヤシの育毛効果まとめ

インディアンも常用していた滋養強壮による育毛

ノコギリヤシというのは植物のヤシからとれる天然成分となっています。あのインディアンが使っていた薬としても知られています。インディアンが拠点としていた地域には、このノコギリヤシが大量にあったといわれています。

インディアンは滋養強壮アップのためにこのノコギリヤシを使用していたといいます。そういった滋養強壮の効果から高い育毛効果を得ることができるというわけです。

そのため、インディアンにはハゲがいなかったといわれています。

前立腺肥大の抑制と薄毛治療の効果

前立腺肥大の薬としても、イギリスやフランス、ドイツなどで認可されているのがこのノコギリヤシです。ヨーロッパでは医薬品としてその地位を固めているというわけです。

頻尿であったり、残尿といった前立腺肥大の症状を治すためにもともとは使われていたのがノコギリヤシです。これは薄毛治療で有名なプロペシアと同じような系譜だということができるでしょう。

そして前立腺肥大の症状の治療から、だんだんと薄毛治療にも用いられるようになったというわけです。

前立腺肥大の治療と薄毛治療になんの因果関係があるのか疑問に感じる方も多いでしょう。これは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが関係しています

というのも、頻尿や残尿という症状は、このジヒドロテストステロンが過剰に分泌されて、尿道が圧迫され膨張することが原因です。

そしてノコギリヤシには、このジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果が認められています。この作用によって、前立腺肥大に効果があるとされているわけです。

そしてこのジヒドロテストステロンというのは、前立腺肥大を促すだけではなくて、薄毛を発生させるということでも知られています。

これでジヒドロテストステロンというキーワードのもとに、前立腺肥大の治療と、薄毛治療がイコールの関係にあることがわかったはずです。

プロペシアももともとは前立腺肥大の症状に用いられていて、患者のほうからプロペシアを服用していたら髪が増えたり髪が太くなったという声があがったことから、薄毛治療にも用いられるようになりました。

育毛と精力アップ効果

ノコギリヤシは精力がアップするというデータも出ています。精力減退にお悩みの方も、ノコギリヤシを服用することによって、育毛効果と同時に精力アップをすることができます。

よくノコギリヤシと比較されるプロペシアは、逆に精力が減退するという副作用があることを指摘されています。

しかし、ノコギリヤシではこういった副作用がありませんから、安心して育毛をはじめることができます。

成分というのは、何らかの体に影響を与えるものですが、ノコギリヤシは独特の働きがあります。 薄毛や抜け毛などの原因である5αリゼクターゼの働きを抑える効果があるのです。 この成分は医薬品としてではなく、サプリメントとして摂取できます。

サプリメントですから、その効果は即日的なものではなく、その効果が発揮されるのは少しの時間がかかるところでしょう。 ちなみにですが、5αリゼクターゼというのは男性ホルモンの一種です。男性がホルモンが多いと「ハゲない」という印象もありますが、そうでもないのです。 ホルモンのバランスを整えることが大切なのです。

抜け毛防止効果と加齢臭抑制効果

ノコギリヤシには男性ホルモンを抑制して、抜け毛を防止する効果があります。薄毛をこれ以上進行させない効果もあるということです。

抜け毛は、ジヒドロテストステロンが原因で起こり、加齢臭もこれが原因できつくなることが多いです。そのためノコギリヤシは、抜け毛と加齢臭の抑制を同時にしていくことができます。

発毛効果

発毛効果がノコギリヤシにはあります。

個人差もありますが、ノコギリヤシを服用し始めてから毛量がアップしたと感じる人も多いです。

女性の利用者の増加生活習慣の改善

ノコギリヤシは男性の症状に対応するとされていましたが、女性の利用者も増加しています。女性は加齢に伴い女性ホルモンが減少しますが、ノコギリヤシを摂取すると女性ホルモンの働きが改善されます

具体的な例を挙げると体つきが女性らしくふくよかになってバストアップをするなどの効果があるとされていて、ホルモンバランスの乱れを整えるため女性利用者が増加しています。

ノコギリヤシはニキビが出来るのを抑制する効果があります。

ニキビの原因である皮脂分泌の増加は男性ホルモンの一種ジヒドロステロンが原因だと言われますが、テストステロンという男性ホルモンがジヒドロステロンに変化したり、ジヒドロステロンの働きを抑制する働きがあるためニキビを出来にくくするのです。

皮脂分泌が抑制されると抜け毛防止や頭皮のかゆみ、髪のべたつきを改善するという人もいます。

ノコギリヤシの摂取の他に飲酒や喫煙を控え、食生活を改善してストレスを軽減する生活を目指すとより効果を実感するようになります。

ノコギリヤシの副作用(デメリット)まとめ

抜け毛の治療薬として有名なノコギリヤシは、フェナステリドなどと比べて比較的副作用が少ないことで人気があります。しかし、薬の飲み合わせなどで思わぬ副作用が出てしまうケースもあるようです。

今回はノコギリヤシの副作用と注意すべき利用方法についてまとめてみました。

基本的には副作用の心配はない

ノコギリヤシというのは天然の植物成分となっていますから、基本的には副作用の心配は無用です。

ヨーロッパではノコギリヤシが医薬品として扱われていますが、日本では健康サプリメントとして認可されています。

健康サプリメントというのは医師の処方箋なしで手に入れることができるもので、適切な範囲で服用していれば、健康に大きな影響を及ぼすことがないものです。

日本ではそう判断されているという背景があることからも、安心して服用することができるでしょう。

ノコギリヤシの利用と見落としやすい注意点

ノコギリヤシは北アメリカに生息するヤシ科の植物で、葉の形がのこぎりの刃と似ている事から名付けられました。葉には鋭いとげがあり、果実は赤黒く昔から薬代わりとして用いられてきました。

日本ではそれほどなじみがありませんが、欧米では健康食品の一つとしてポピュラーな存在です。

ノコギリヤシは主に男性の強壮や尿の排出促進、前立腺肥大の他薄毛に効果があると言われています。

抜け毛は中高年以降の男性に多い症状の一つですが、男性ホルモンの一種テストステロンが5αリダクターゼという酵素の影響でジヒドロテストステロンになり、症状を惹き起こします。

ノコギリヤシの果実は5αリダクターゼの働きを抑制するので、前立腺肥大症の予防や症状の改善、抜け毛にも効果があるのでサプリメントなどに利用されています。

特に天然成分100%の製品が評判で、亜鉛と一緒に摂取すると抜け毛などにより効果があるとされています。

効果が早く表れないと焦って用法より多めに摂取しがちになり、吐き気やめまいなどの副作用を引き起こしやすくなるので注意が必要です。

ドイツのコミッションEという訳用植物の評価委員会によるとノコギリヤシを摂取すると前立腺肥大症の抑制効果が期待出来ますが、前立腺がんの症状が悪化するのを見落とす恐れがあるため、定期的に検診を受ける事が必要です。

AGA治療の人は摂取量に注意

ノコギリヤシは5αリダクターゼという酵素の働きを抑制する効果があると言われますが、5αリダクターゼには1型と2型があり、2型の5αリダクターゼがテストステロンからジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化する時の働きを助けます。

Ⅰ型は全身の毛の毛乳頭、2型は男性ホルモンの影響が大きい髭の部分や頭の前頭部から頭頂部の毛乳頭に分布します。

脂症の肌の人は1型5αリダクターゼ、2型リダクターゼは薄毛の原因となりますが、男性ホルモンの一種テストステロンの働きを促進する大切な役割があります。

テストステロンは男性の筋肉生成や精子の働きなどに影響を与えるホルモンなので、テストステロンとの結びつく事を防ぐノコギリヤシを摂取すれば相乗効果が期待出来ますが、AGAを治療する人は注意が必要です。

AGA治療の過程ではフィナステリドという成分が含まれている薬を服用している場合がありますが、性機能障害や胃痛、頭痛などの副作用が懸念されています。

また、妊婦の胎児への悪影響もありますので、注意が必要です。ノコギリヤシと併用する時に用量を考慮する事をお勧めします。

適切な用法と摂取量を守る

ノコギリヤシの副作用の心配がないというのも、基本的な用法、用量で摂取している場合のみです。

過剰接収をしたような場合には、嘔吐や便秘や下痢などいった症状が出る場合もあります。たくさん飲めば効果が得られるというものではありませんから、規定の量を守って服用するようにしましょう。

ノコギリヤシの一日に必要な摂取量は200㎎から320㎎だと言われています。体調などにより摂取量に差がありますが、サプリメントによって含まれている成分が変わる事です。

ノコギリヤシには様々な効能があると言われていますが、100%ノコギリヤシの製品よりも複数の成分が含まれている方が別の効能が期待出来るうえに安価で手に入ると考えて購入する消費者がいます。

ノコギリヤシは薬ではありませんが、成分の組み合わせによっては副作用を引き起こす可能性があるので、確認する必要があります。

良質のノコギリヤシのエキスが得られる抽出法は超臨界抽出法で、一度で320㎎服用するより朝と晩の2回の方が効果的だとされています。

複数の効果を得るためにノコギリヤシとそれ以外のサプリメントを併用する場合がありますが、下痢や頭痛などの副作用があるので、一度服用を止めて様子を見ると良いでしょう。

男性だけでなく女性の消費者も増えていますが、摂取量が多すぎると男性ホルモンの生成が促進されるので、更年期などホルモンのバランスの治療をしている人は注意が必要です。

また妊婦や授乳中の女性は胎児や乳児に悪い影響を与える恐れがあるため、使用を控える事が大切です。

サプリメント全般にいえることですが、適切な用法と用量を守って、初めて効果を実感できるもの。ノコギリヤシも例外ではありませんから、しっかりと踏まえたうえで活用していきましょう。

抜け毛を抑えつつ発毛できる男性用育毛サプリの比較表はこちら



ノコギリヤシは育毛効果なし?効かない人の特徴まとめ

60歳以上の高齢者(老人性脱毛症)

ノコギリヤシの効果は、AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで、頭部の脱毛を抑えることです。

つまり、ノコギリヤシそのものに育毛効果はないのです。そして、これはAGA以外の脱毛症については、効果がないということでもあります。

老人性脱毛症は60歳以上に起きるもので、頭皮の老化によって毛根がダメになることで、薄毛になってしまうというものです。

この場合の薄毛はDHTが原因で起きるものではありませんので、ノコギリヤシによってDHTの生成を抑えても効果がないということになるのです。

AGAと老人性脱毛症の違いは、AGAが額の生え際かつむじ周辺から薄くなっていくのに対し、老人性脱毛症は頭髪全体が薄くなっていくことです。

こうした髪の減り方の違いによって、ノコギリヤシの効果があるかとうかを判断することができるというわけです。

10円玉のようなハゲ(円形脱毛症)

頭髪に小さな円形のハゲができるもので、重症化すると頭部全体に広がっていってしまいます。免疫細胞が正常な細胞を攻撃することで発症してしまう「自己免疫疾患」の一種です。

原因については詳しいことは分かっていませんが、アレルギー疾患やストレスが発症のカギを握っているとされています。

こちらもDHTが原因で起きるものではありませんので、ノコギリヤシの摂取によってDHTの生成を抑制しても、症状を軽減することは不可能です。

円形脱毛症はAGAとは違った意味で特徴的なハゲ方をしますので、こちらもノコギリヤシの効果の有無を判断するのは難しくないでしょう。

結わえる髪形をしている(牽引性脱毛症)

例えばポニーテールのように結わえるような髪形をしている場合、常に毛根が引っ張られているような状態になってしまいます。これによって頭部がかゆくなったり、痛くなったりという経験をした人は結構いるのではないでしょうか。

それでも髪形を変えないでいると、頭皮にダメージが蓄積してしまい、薄毛になってしまうのです。これを牽引性脱毛症といいます。毛髪が長く、頭皮にダメージを与える髪形をしやすいため、女性に多いとされています。

こちらも原因にDHTが関係していませんので、ノコギリヤシの摂取は効果がありません. 早急に髪形を変えることでしか薄毛・抜け毛を緩和することができないのです。

赤ちゃんを産んだ直後(分娩後脱毛症)

妊娠中は女性ホルモンが盛んに分泌されているため、産後は体を整えるため、一時的に女性ホルモンの分泌量が減少します。

問題は女性ホルモンに毛髪の成長を促す働きがあるため、分泌量の減少によって薄毛・抜け毛の原因になってしまうのです。これが分娩後脱毛症です。

こちらも抜け毛にDHTがからんでいませんので、基本的にノコギリヤシの効果はないと考えていいでしょう。大豆イソフラボンなど、女性ホルモンの働きを助ける栄養素を摂取する方がいいのです。

フケが多い(粃糠性脱毛症)

パーマや染色などによる頭皮への刺激、過度の洗髪による頭皮の乾燥などが原因で、フケが必要以上に増えてしまうことがあります。

このフケが毛穴を塞いでしまい、炎症を起こすことによって薄毛になってしまうことがあります。これを粃糠性脱毛症といいます。

これもDHTが脱毛の原因ではありませんので、ノコギリヤシを摂取しても意味がありません。適切な頭皮ケアを行い、頭皮環境を整えてフケを減らすことが先決です。

頭皮がべたついている(脂漏性脱毛症)

頭皮は体の中でも皮脂の分泌が多い部分なので、脂っこいものを食べ過ぎるとあっという間に皮脂の分泌過剰になってしまいます。

皮脂そのものの分泌量が正常でも、洗髪が不十分で頭皮に皮脂がたまっていても分泌過剰と似たようなことになるでしょう。

これによって毛穴に皮脂がつまり、炎症を起こして薄毛になってしまうのが脂漏性脱毛症です。こちらもDHTとは無関係な脱毛症なので、ノコギリヤシの効果は期待できないでしょう。

薄毛・抜け毛の原因はAGAだけではありません。髪の減り方や頭皮の状態から薄毛の原因を見極めて、適切に対処するようにしましょう。

ノコギリヤシが効かない人にもいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。



ノコギリヤシの効率的な摂取方法

ノコギリヤシに加えて「5αリダクターゼ」を抑制する働きのある食品を摂取する

ノコギリヤシの実はそのまま摂取するのではなくサプリメントに加工した製品を摂取します。

サプリメントを選ぶ時は100%ノコギリヤシの製品を目安にすると安心ですが、他にも5αリダクターゼの働きを抑制する食品やサプリメントなどの製品を生活習慣に取り入れると、副作用の不安が軽減されます。

ノコギリヤシに含まれている成分の中ではβシトステロールやオクタコサノールが5αリダクターゼ抑制に効果があるとされています。

ノコギリヤシの他に効果がある成分は亜鉛やアロイン、イソフラボン、d-リモネン、リコピン、ビタミンB6ですが、これらは食品からも摂取する事が出来ます。

亜鉛は生ガキやしじみなどに多く含まれていてケラチンの生成にも効果的です。

アロインはアロエに含まれている成分で5αリダクターゼの働きを弱め、イソフラボンは大豆や大豆製品で女性ホルモンの一種エストロゲンに近い働きがあるため5αリダクターゼをジヒドロテストステロンに変換するのを阻止すると言われています。

ビタミンB6は牛肉、豚肉、赤身の魚などに含まれていますが、カツオは亜鉛も含まれているので同時に摂取する事が出来ます。

緑茶と大豆食品、紅茶と大豆製品を一緒に摂取するとジヒドロテストステロンの生成が阻止されますが、大豆食品と緑茶だとテストステロンの減少が見られるため少量ずつ摂取した方が注意が必要です。 一方で、紅茶と大豆食品を組み合わせると、テストステロンを減少させることなく、ジヒドロテストステロンだけを抑制することができるので、こちらの方がオススメです。

d-リモネンという成分はみかんの皮部分に含まれていて、リコピンはトマトやスイカ、ピンクグレープフルーツに含まれている事で知られています。リコピンには抗酸化作用があり体のさびを防いで若々しさを保つ働きがあります。

一日に必要はリコピンの摂取量は約15㎎と言われていますが、糖分や塩分などの添加物が含まれていない果実100%のトマトジュースを利用すると、簡単に摂取出来ます。

日々の生活を改善することでも、ジヒドロテストステロンを抑制することができます。

また、毎日の運動を欠かさないようにすると汗と一緒にジヒドロテストステロンを排出したり血行不良を改善することが出来ます。

水分を多く摂取する事も大事なポイントなので、意識して摂るようにする事が大切です。

ノコギリヤシサプリの育毛効果とおすすめサプリ3選

育毛に高い効果を持っているとされるのが、ノコギリヤシです。

この栄養分は、普通に手に入れることが難しくなっているので、食事から手に入れるのではなく、サプリメントで服用することが一番有効です。

男性の場合は、頻尿の予防を行うことも出来ますので、なるべく高い効果を持っているもの、そして継続できるくらいの使いやすいものを選びたいところです。

ノコギリヤシのお勧めの選び方

成分が多く配合されていること

ノコギリヤシのサプリメントには、他の成分も一緒に配合されていることがあるものの、できる限りノコギリヤシが100%となっていて、しかも最適な量を持っていることが一番いいものになります。

100%であれば、ノコギリヤシの効果を最大限に得ることが出来るために、いい栄養分を確保することが出来ます。

ノコギリヤシは、飲むことによって抜け毛を予防できて、さらに太い髪の毛を作ることができる成分です。

なるべく多く配合されているものでなければ、その効果を実感することが出来なくなってしまいます。

あまり値段が高くないこと

こうしたノコギリヤシは、継続して利用することが一番となっています。継続というのは、安く手に入れることが出来るもの、もしくは入っている量が多くなっており、2ヶ月くらい使えるようになっている場合です。

このように使いやすいものを手に入れることが、ノコギリヤシのサプリメントには有効です。

最近は、大手メーカーを中心に安いものがどんどん生まれているので、そうした安いものを購入していくことによって、ノコギリヤシを簡単に始めることもできます。

ノコギリヤシのおすすめの商品ランキング

毛髪大作戦BOSTON

男性用に作られているもので、しかも毛髪を増やすために作られたノコギリヤシです。髪の毛を増やせる可能性があること、太い髪の毛を作るために、最適な栄養分を配合していることが使いやすいです。

多くの人の声を聞いて作られてきたもので、ノコギリヤシから髪の毛を変えられる大きなよさを持っています。信頼できるメーカーでもありますので、これを利用していけば髪の毛にはいい影響が出てきます。

小林製薬 ノコギリヤシ

どちらかと言えば、頻尿を予防するために利用されているメーカーではありますが、このサプリメントもそれなりの効果を持っており、髪の毛を増やすことが出来ます。

市販されていることが大きなメリットで、近くのドラッグストアでも購入することが出来ます。

さらに、値段が安いことに加えて、量が60日分も配合されているので、始める際にはかなり安心できるものです。

DHC ノコギリ椰子

大手メーカーのDHCが販売しているもので、手軽に購入できることが大きなよさです 。30日分しか入っていませんが、配合されているエキスは非常にいいものがあり、頻尿予防だけでなく、髪の毛を太くすることが出来る部分を持っています。

比較的どこでも買えることや、安売りをしているケースが多いために、すぐに使いたいときに利用できます。

おわりに

ノコギリヤシを利用することは、髪の毛を増やすために必要なことでもありますし、栄養分をしっかり手に入れるためには大事なことです。

質のいいものを利用していくことが、非常にいい効果を発揮してくれる可能性があるので、なるべくいいものを使ってください

育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識