トップページ >  > コーヒーやアルコールは髪によくない

コーヒーやアルコールは髪によくない


髪の毛というのは基本的には抜けていくものです。眠っている毛根もあって、それらが活動したり、休んだりして髪の毛というものを維持しています。

もちろん、普通に人間の髪の毛は生きていれば抜けてさらに生え変わってくるというサイクルを繰り返すわけですが、 そのサイクルが狂ってきたりすると多く髪の毛が抜けてしまったり、ごっそりと抜けてしまったりとします。どうして髪の毛が抜けてしまうのか? というのは、頭皮に生きている菌が原因になります。菌が働きかけることによって抜けるのです。

アルコールというのはこの菌の活動を活発化してしまうので髪の毛にはあまり良くありません。 また、コーヒーも体や髪の毛には良くないイメージもありますが、そうとは言えません。コーヒーに含まれるカフェインというのは体にも髪の毛にもいい働きをするのです。 どういった働きなのかというと心臓を刺激してくれるのです。

心臓を刺激してくれるというのは、結果的に血液の循環がよくなることですから血行不良の改善に役立っているということです。 もちろん、過剰に摂取するのは何事も良くはありませんので注意してください。
育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識