トップページ >  > 40/50代男性は絶対NG!抜け毛や薄毛を進める悪習慣

40/50代男性は絶対NG!抜け毛や薄毛を進める悪習慣

抜け毛や薄毛の原因は環境によることが大きい

きっとある日ふと気がついて、鏡の自分の髪の毛が薄くなっていることに気がつく人もいるところでしょう。

あるいは、ふと気がついて抜け毛が多くなっていることに気がつく人もいることでしょう。薄毛や抜け毛というのはある程度年齢がすぎれば仕方がないところですが、 それでも老化以外のところに薄毛や抜け毛の原因を求めるところもできます。それらは以下のようなものです。

   ・悪しき生活習慣
   ・過剰なストレス
   ・過度な紫外線
   ・喫煙
   ・栄養不足
   ・遺伝
   ・病気・疾患

などです。

こうした原因は、必ず薄毛や抜け毛の因果関係の決定因にはならないものの、それでも上記のものが薄毛や抜け毛の原因になっていることは確かなようです。 これらの原因は身体的などうしようもないものを除いては、生活習慣によってある程度は改善できるものでもあります。 こうした原因をまずは知ることが、薄毛や抜け毛の予防や改善に効果を示すのです。

例えば、栄養不足を取り上げるならば、老化という、いかんともしがたいものがあるとしても食生活によって薄毛や抜け毛の予防はできるはずです。 これは基本的なところであって、原因の搾取ということでもないのです。

正しい洗髪をしないしないと薄毛になる

薄毛や抜け毛が気になってきた時には、あなたの生活習慣を見直すのがオススメです。 普段の生活習慣のなかに、薄毛や 抜け毛の原因が隠れているからです。

例えば、過剰なストレス、過度な喫煙、バランスの良くない食事による栄養不足、酒アルコールなどがありますが、そのほかに入浴時に避けるシャンプーにも原因があります。 薄毛や抜け毛に悩む人の多くはその頭皮に異常があります。かぶれていたりただれていたりするのです。この原因となるところの1つがシャンプーなのです。 どういったことか? というとすごく単純な理由なのですが、シャンプーをきちんと洗い流さないということです。

シャンプーによっては頭皮に浸透すると良くない成分が含まれていることもあります。そのために当否を炒めるのです。 シャンプーというのは基本的には洗浄をするものですから、シャンプー自体を頭皮に浸透させるものでもありません。 こうしたところに気をつけると、頭皮の健康を保つことができるのです。

また、よくすすがないことによって毛穴を詰まらせてしまうこともあります。これも髪の毛の成長や健康を損ねてしまう原因に1つになります。

コーヒーやアルコールは髪によくない


髪の毛というのは基本的には抜けていくものです。眠っている毛根もあって、それらが活動したり、休んだりして髪の毛というものを維持しています。

もちろん、普通に人間の髪の毛は生きていれば抜けてさらに生え変わってくるというサイクルを繰り返すわけですが、 そのサイクルが狂ってきたりすると多く髪の毛が抜けてしまったり、ごっそりと抜けてしまったりとします。どうして髪の毛が抜けてしまうのか? というのは、頭皮に生きている菌が原因になります。菌が働きかけることによって抜けるのです。

アルコールというのはこの菌の活動を活発化してしまうので髪の毛にはあまり良くありません。 また、コーヒーも体や髪の毛には良くないイメージもありますが、そうとは言えません。コーヒーに含まれるカフェインというのは体にも髪の毛にもいい働きをするのです。 どういった働きなのかというと心臓を刺激してくれるのです。

心臓を刺激してくれるというのは、結果的に血液の循環がよくなることですから血行不良の改善に役立っているということです。 もちろん、過剰に摂取するのは何事も良くはありませんので注意してください。

喫煙は薄毛・抜け毛に関係する


薄毛や抜け毛の原因にはいくつかあります。その1つに喫煙があります。 喫煙の人口は少なくなっているとは言えるものの、肩身が狭い思いをしてもなかなか禁煙をできなった方も少なくないところでしょう。

ここでは喫煙を非難したり、禁煙をすすめたりする訳でもありませんが、それでもあなた自身の髪の毛をいたわるのなら喫煙はほどほどにした方がいいのだということです。 喫煙をすると、ニコチンという物質が体内に入ります。煙草を吸う方はニコチンの量は気になるところです。

ニコチンは主に中枢神経や末梢に存在するニコチン性アセチルコリン受容体に結びつきます。この作用によって、さまざまな作用を引き起こしますが、 そのひとつに毛細血管を収縮させるという髪の毛には良くない影響を与える原因があります。どうして血管が収縮するとよくないのか?  というと、それは血液の流れが悪くなるからです。

髪の毛も体の一部です、食事によって摂取した栄養成分によって成長をしています。 髪の毛が健康を維持するには十分な栄養成分が必要になりますから血行不良は髪の毛には良くないのです。

脂っこい食べ物は薄毛の原因になる


薄毛や抜け毛にはいくつかの原因があります。それらは特に生活習慣に関わるものがあります。例えば睡眠(睡眠不足)だったり、喫煙、過度にアルコールを摂取していたりです。

もちろん、こうした生活習慣の1つに食生活も含まれます。食生活がどのように関わっているのか?というとやはり毎日の食事で摂取できる栄養のバランスやその偏りなどが問題となります。 さて、最近では若い人の食生活が指摘されています。これは何も最近から始まっている食生活でもないとは思うのですが、それは肉系の食生活への偏りです。

つまりは野菜をほとんど食べなかったり、必要になる栄養成分が摂取できるほどに野菜を食べていなかったりというところです。 肉系の食事というのは、脂っこくて、頭皮の皮脂の分泌を活発化して、過剰に皮脂を生み出す原因にあります。これは薄毛やハゲの原因になります。 つまり毛穴を詰まらせてしまったりするのです。普段の食生活を今一度見直して薄毛や抜け毛の予防に役立たせるのも1つの方法です。

まずははじめの1歩として、規則正しい生活ができるように少しずつ生活の改善を行っていきましょう。

当サイトでは、髪や頭皮にいい栄養成分の効能を整理して、効果のある育毛サプリをまとめています。

頭皮の皮脂対策にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。

育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識