トップページ >  > 男性ホルモンと抜け毛の関係

男性ホルモンと抜け毛の関係


抜け毛や薄毛の原因にはいくつかあります。髪の毛の栄養不足や喫煙、老化などです。 そうした原因のうちに、病気があります。その病気はAGAと呼ばれているもので、男性型脱毛症と呼ばれているものです。

これは病気であって、この病気を治すためには医薬品が必要になります。きっと薄毛や抜け毛に悩む人は聞いたことがあると思うのですが、 プロペシアやフィンペシアと呼ばれているものです。これらは病院などでも処方されますが、海外で個人的に輸入して購入して使用することもできるものです。 このAGAですが、AGAは男性ホルモンの作用によって起こるものなのです。

男性ホルモンが<5-αリダクターゼ >と呼ばれる酵素によって<ジヒドロテストステロン(DHT)>という成分に変換されることで薄毛の発端である抜け毛になるのです。 パッとしたイメージですと、男性ホルモンが多い方が男らしくて抜け毛とは無縁のように思えます。

しかし、それはそうではないのです。男性ホルモンは多くて活発だと髪の毛がふさふさだとは言い切れないのです。こうした髪の毛についての知識も多く知っていたいところです。
育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛サプリを採点!
全部の成績表はこちら。

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識