トップページ >  育毛成分の効能/効果の5分類 >  頭皮血行を促進する成分

毛母細胞を活性化する成分と多く含む育毛サプリ3選


「薄毛が加速している、なかなか戻らないのは、毛母細胞は死んでしまったから?」

なんて思ったことはないでしょうか?

毛母細胞が死ぬのか、

毛母細胞を活性化して復活させる方法を紹介します。

薄毛



毛母細胞を活性化する方法

毛母細胞は、「毛乳頭」とい司令官の命令で、「髪の細胞分裂」をくりかえして増殖します。

髪の細胞が増えること=髪の毛が伸びる状態ですね。

よくハゲの人は、毛母細胞が死んだという噂がありますが、毛母細胞が死ぬことはありません。
毛母細胞が分裂できる限界は40~50回程度で、だいたい80年はもつので、寿命をまっとうするまでは毛母細胞が死ぬことはないのです。

ただ、毛乳頭と毛母細胞が「栄養不足」に陥ると、「毛乳頭」という司令官は、「髪の細胞分裂」の指令をやめて休止状態になってしまいます。

これが、薄毛の原因です。

栄養不足に陥らせるのは、

・血流がよわい
・DHT(男性型脱毛ホルモン)
・栄養自体が少ない

の3パターンがあります。

いずれにせよ、どれにしても、毛乳頭と毛母細胞が「栄養不足」に陥るのは同じです。

休止した、または休止しそうな毛母細胞を活性化させるには、 毛乳頭と毛母細胞に栄養を送ることで目覚めさせる必要があります。

育毛剤やミノキシジルなどは、血流を増やすことで栄養を届けるようにするものです。
やはり、栄養自体が十分にないと血流が増えたところで、毛母細胞は活性化しないのです。

毛母細胞を活性化する方法は、「栄養を十分に届けること」。これ1つだけです。 運動、育毛剤、マッサージがいいなどいろいろなことがいわれますが、全部このためですね。

毛母細胞を活性化する成分とは?

毛母細胞活性化する成分の錠剤

頭皮の硬い人はハゲる原因は、頭皮の下の血流が悪いからです。これは毛細血管のある脂肪層の厚くなり、 その下にある脂肪層を圧迫することで毛細血管の血流を阻害するからです。

髪を生やす毛母細胞は、人間の体の中で最も活発に細胞分裂しており、たくさんの栄養を必要とする重要な役割を持っています。

血流をよくして、毛母細胞を活発にすることは、髪にとってはとても重要な点です。 毛母細胞を活性化する原材料には、それ自体が栄養が髪にああり、さらに血流までよくしてくれる素材もあります。

成分としては、全身の血流をよくするビタミンEやその類の植物エキスや、 毛母細胞に直接働きかける成分や一部の多糖類・アミノ酸類に分けられます。

最近ではナツシロギク由来のパルテノイドがよくみられる成分で、 毛母細胞の活性化と言うよりは、抜け毛の大敵となるジヒドロテストステロンの働きを抑えてくれる作用もあります。

活性化という意味では銀杏から抽出したイチョウ葉エキスが関連性が強いです。フラボノイドと言うポリフェノールの一種で、 30種類もの成分を含有しています。血管拡張作用によって血行促進に寄与、毛母細胞や毛乳頭などへと必要な栄養成分を送り届けてくれるのです。

毛髪細胞を活性化、血流改善する原材料


毛髪細胞を活性化、血流改善する原材料

パルテノイド、ビタミンE、イチョウ葉エキス、ヒハツエキス、ヨウバイヒ、バナチン、糖転移ビタミンP、メカブ、フダイコン、 イヌリン、菊芋、DHA、EPA、アルカノイド、カプサイシン、高麗ニンジン、、アミノ酸・アミノ酸類、、L-シトルリン、ポリアミンなど



毛母細胞を活性化する栄養素

毛母細胞を活性化する栄養素は、上記の原材料に含まれる栄養素であるものがほとんどです。 たとえば、イチョウ葉エキスのパルテノイドは、 抗酸化作用も持ち合わせているので頭皮環境を健全に保ち育毛の阻害を防止するという役目も果たします。 イチョウ葉エキスと似たような作用をもたらしてくれるものとして、ビタミンEも知られており、育毛サプリメントの定番成分です。

毛髪細胞を活性化する栄養素

成長ホルモンに作用する「システイン」「アルギニン」「シスチン」「リジン」などのアミノ酸、 亜鉛・銅などの必須ミネラル、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、 コラーゲンペプチド、ビタミンE



毛母細胞を活性化する食べ物

毛母細胞を活性化する食べ物は、これ1つだけ!といえるものではありません。
毛母細胞を活性化する栄養素は、たくさんあるから1つの食べ物では補えないからです。

これらを摂取できる食べ物は

  • ・アミノ酸や亜鉛を含む「牡蠣」「海藻類」
  • ・アミノ酸を含む「肉」や「魚」
  • ・コラーゲンぺプチドを含む「アジ」
  • ・大豆イソフラボンを含む「納豆」や「豆腐」
  • ・アルギニンを含む「梨」


などがあり、いろんな食べ物を食べる必要あります。

最近では、 薄毛改善には育毛剤だけでなく、育毛サプリメントと併用するというのが新たな常識となり始めています。

育毛サプリメントには、髪のもとを作り出す重要な毛母細胞の活性化に努める成分がたくさん配合されています。 食事の手間を考えなくても、これ一つ飲むだけで改善につながるのは効率的で手軽です。

毛母細胞を活性化する栄養が多い育毛サプリおすすめ3選

毛母細胞を活性化する栄養が多い育毛サプリおすすめ3選を、ランキング形式で1位から順に紹介します。

フェルサ

フェルサ



フェルサは、育毛サプリの中では人気のサプリです。

髪にいい成分の種類の多く、髪を補修するミレットエキス、脱毛ホルモンを抑えるノコギリヤシ、 髪のパサツキや補修にいい亜鉛やビタミンB群の含有量がしっかり含まれています。

毛母細胞を活性化する育毛サプリの中で売上No1といえば、フェルサがもっとも有名ではないでしょうか。

また、ミレットエキスは、女性ホルモンや女性の薄毛にもいいことから、フェルサは女性も利用も多いようです。

これだけ充実した成分だと高価になりがちですが、初回は50%オフで試せるので コスパ的にもかなりお得で、おすすめです。



ボストン

ボストン



ボストンには、「シスチン」「アルギニン」などのアミノ酸以外にも「亜鉛」「イソフラボン」など20種類以上の髪の毛母細胞を活性化する成分を凝縮しています。特に ノコギリヤシ、亜鉛、イソフラボン、コラーゲンペプチドは、毛母細胞を活性化するといわれている最有力の栄養素ですが、 これらをすべて配合しています。

毛母細胞を活性化する栄養素をすべて配合しているのが特徴です。 コスパも良く、数ヶ月で髪が伸びてきた人が多いですよ。



Hatto

Hatto



飲む育毛剤と言われるHattoは、毛母細胞を活性化する栄養成分を多数配合しているサプリです。 ミレットエキスをはじめ、話題の新成分であるMSM(メチルサルフォニルメタン)、核酸、DHA、メカブなどが配合されています。

アミノ酸はやや少なめですが、 毛母細胞を活性化したり、育毛環境を整え毛根を成長させます。 よく不足しがちなマグネシウムや鉄、ビタミンなども含まれており、性別を問わず摂取することができます。











------------
更新日:2018/07/09





育毛サプリを栄養評価!

多くの育毛サプリを栄養解析しました!

育毛成分の効能/効果の5分類

育毛サプリを栄養成分で評価

育毛にいい栄養素の知識

育毛に役立つ様々な知識